日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)

  • 20人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 定延利之
  • アルク (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757418240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)の感想・レビュー・書評

  •  もともとが日本語教育能力検定試験を受験する人を対象としており、言語学を勉強する人を対象とした本でないせいか、言語学用語、特に日常用語と同じで誤解が生じやすいものを理解し、イメージするといったことなどに重点を置く。実例や問題も豊富(しかも面白い)。
     日本語ってこんなにおもしろい現象があったんだと目から鱗。
     言語同士を比べる物差しに慣れつつも疑うこと、など問題提起もあり、言語学の面白みも感じられました。

     初心者にすごくわかりやすいかどうかはわかりませんが、この本で得た知識をもとに、他の言語学の本も読んでみたいと思いました。

     「はじめに」によると、『よくわかる言語学』(1999,アルク)に必要最低限の改訂を加えたものだそうです。

  • (推薦者コメント)
    内容を読んで、言語現象をしやすくなるようになりました。

全2件中 1 - 2件を表示

日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語教育能力検定試験に合格するための言語学22 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)はこんな本です

ツイートする