鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)

  • 5032人登録
  • 3.57評価
    • (515)
    • (269)
    • (1477)
    • (4)
    • (2)
  • 117レビュー
著者 : 荒川弘
  • スクウェア・エニックス (2002年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757506992

鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 衝撃の二巻。

  • 話がサクサク進んで読みやすい。ニーナの話は切ないなぁ。。そして結構早い段階で強敵が現れてびっくりしました。

  • ニーナちゃん…。゚(゚´Д`゚)゚。
    スカーさん、結構序盤から出て来てたのね。

  •  ショウ・タッカー/ニーナ編に怒りと涙する2巻。父の道具にされながらも、死せる父への愛着を失わないニーナ。軽くないはずの命の軽さをまざまざと見せつける小品。さらに、スカー初登場と初対決。事実上スカーに敗北したエルリック兄弟は故郷へと。そこに暗躍するラスト。帰郷途上、エルリック兄弟が出会う謎の脱走錬金術師マルコーは、賢者の石への道に取り組んできた手練れ。◆後の展開の種まきには十分すぎる密度の濃さである。

  • どんどんキャラが増えていき、面白くなる一方、憎しみや復讐の構図も見えてきて、どうなるのかハラハラします。妻や娘を研究の犠牲にしてしまう術師のくだり、ぞっとしました。

  • 東部辺境の町・リオール、炭鉱の町・ユースウェルを経て、東部の中心「イーストシティ」へと、エルリック兄弟の旅は続く。『焔の錬金術師』ロイ・マスタング大佐と軍の面々に迎えられた2人は、『綴命の錬金術師』タッカーと、その娘ニーナに出会う。そこでしだいに明らかになる、神に背きし者の背負いし罪と罰…。さらに“神の意思の代行者”をみずから任じ、国家錬金術師のみをつけ狙う宿敵『傷の男(スカー)』との遭遇!!人ならざる存在であるラスト、グラトニーらも暗躍を開始し、物語は大きくうねり始める!(Amazon紹介より)

  • 再読。やっぱり展開分かってても後味悪い。漫画のタッカーは正気を保っている分余計酷いな…。オートメイル破壊シーンはエドの無敵イメージの破壊でもある。あと誰かアレキサンダーのことも言及してやってください。

  • 2巻目。

    物語は徐々にテンション高くスピードが上がってきました。
    ショウ・タッカー編はこの漫画が軽い少年マンガではないことをよく表してます。

    魅力溢れるキャラがたくさん出てきます。この中で何人生き残るか…。皆生き残って欲しいけど、そういう訳にはいかないんだろうな。

  • 【内容】
    ・ニーナ
    ・スカーとの接触
    ・石研究への手がかり

  • 第5〜8話収録。
    再読。″綴命の錬金術師″ショウ・タッカーの顔を見た瞬間テンション急降下。初読時のショックを思い出したから。今読んでも鬱でした……。エルリック兄弟が雨に打たれながら錬金術について考える場面好きです。2巻では傷の男(スカー)、ヒューズ中佐、アレックス・ルイ・アームストロング少佐、ドクター・マルコーが登場。ホムンクルス側はラストとグラトニーに引き続きエンヴィーが登場。重要人物が次々と出ますね〜。1巻の時点でロイ・マスタングの部下が数多く出てますが、ハボック少尉以外は名前未公開のまま。

全117件中 1 - 10件を表示

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする