Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)

  • 623人登録
  • 3.51評価
    • (65)
    • (55)
    • (205)
    • (12)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 藤原ここあ
  • スクウェア・エニックス (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757508507

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 魔狼(ライカンスロープ)と呼ばれる魔物でも人でもない種族がいる世界
    主人公の散葉はライカンスロープの生き残りで森のなかでひっそりと暮らしてきた
    ある日、人のいる場所で暮らしてみたいと人里におりた
    そこで幼なじみに出会うが記憶をなくしているらしく覚えていないと言う
    魔物の討伐隊副長である彼はライカンスロープである散葉を監視することに


    とにかく散葉が可愛いです
    この先もどんどんキャラクターが出るみたいですね

  • 母親がガンガンと間違えてガンガンWING買ってこなかったら出会えなかった。
    かわいいほのぼのした話かと思いきや、ラストへの急展開には本当にはらはらしました。シリアスでもギャグを忘れないでくれる藤原先生!好きです!
    アニメ化ずっと待ってますがいつですかね

  • ライカンスロープの生き残りの散葉と、散葉から“不死”を受け取った妃杈のお話。妃杈が散葉のことを覚えていないのが切ない…

    それでもお話自体はスローペースでほのぼのしている。

  • 整理ついでに久々に発掘したので登録。

    『わたしの狼さん。』から続く、ライカンスロープに纏わる話し。新たに出てくる、本物のライカンスロープ散葉と、散葉から“不死”を受け取った妃杈のお話。もちろんわたしの~の彼らも一緒。

  • 約4年ものんびり漫画描いといて、そっから最終回までの展開がぱねえええ!
    のんびりを楽しむ漫画としても、ストーリーを楽しむ漫画としても好き

  • まず笑いのツボが自分にかなり合ってた。
    ストーリーや絵は若いなって感じだけど、印象的なセリフが随所にあって、登場人物達の色々な愛の形が示されるのが心地よいです。

  • キャラクターが沢山でてくる、でも1人残さず心理や、過去が語られていく。
    それも植えつけられたようではなく、まるで自分がそこに存在しているかのごとく、すんなりと、時にはもどかしさを感じつつ人物を「感じる」。

    この作品で藤原ここあさんのファンになりました。

    すきなひとの、そばにいたくなります。
    すきなひとを、好きと思える今が大切に思えます。

    何より絵柄もすごいかわいくて、特に女の子キャラクターの服装がすっごい可愛くてツボでした!
    また、可愛い絵柄も大好きですが、それ以上に語られる人々の物語に、
    時には笑い、時には涙できる作品!!
    今まで読んだ中で1、2を争って心理描写が好きです。

    全12巻ですが、買う価値ありです♪

  • 全12巻。完結済。
    最初はファンタジー+冒険物だと思って読んでました。
    が。本編は一人一人の心を丁寧に描いている物語。全然冒険物じゃない笑

    この作品をきっかけに、藤原ここあさんが大好きになりました。

  • 絵が可愛くて購入。ほんわかしててなかなか楽しい。…ギャグ漫画じゃないよ!!

    1~12巻まで全巻所持

  • 女の子がかわいい、男の子がカッコいい、
    読み進めると絵がどんどん上手くなる!(°∀°*ヒイィふつくしい!
    ファンタジーと少女マンガ、萌え系な女の子が好きな方にお勧めのマンガです。
    男女の身長差がどんどん半端なくなりますが、
    いやもう、ちっちゃい女の子かわいい!(*ノノ)萌え!
    よく本筋のストーリーから脱線して、
    キャラクターが仲良くわいわい過ごしております。
    登場キャラ達を好きになれたら、読んでいて面白いマンガです(´∀`*

    この方、15歳で漫画家デビューしたんですよ。
    凄いですよね。描くのが大好きだったんですね。

  • 寂しかったり切なかったりする心が誰かと出会えた奇跡によって、ほっこりと温かくなる、そんな作品です。dearに出会えて本当に良かった…!大好きです。

    『私の狼さん』と舞台が同じいわゆる続きもので、3巻から登場する昴・小桃・プリノ・紅・キャロルはこの前作にて登場していたキャラなのですが、dearから読み始めた私でもすんなり受け入れることが出来たので、ここあ先生のキャラクターの見せ方の上手さを尊敬します…!

    シリアスとほのぼのギャグ+恋愛が混じった可愛くて優しいお話です。途中までの温かで宝物のような日常があるからこそ、後半のシリアスが引き立つことを実感しました。個人的にはここあ先生の台詞まわしが最高で、ツボにハマってたまりません…!!絵の方も段々、より可愛く、よりカッコよく…ここあ先生の描くにょたいが大好きだーと宣言しておきます(笑)。

  •  ずっと大好きな作品。ほんわかした日常も、どこかにほのかな切なさがあるように感じます。

  • 祝完結!それぞれが幸せな結末を迎えられたようで和みました。
    あと何気に藤原ここあさんのギャグがすごく好きです笑

  • わたしの狼さんと同じ世界観のお話。
    上記のキャラも後々登場。

  • キャラがたくさん出てきて楽しかったです

  • 1巻はまんじゅうが食べたくなります。
    あとカ○リーメイト。

  • 最初は暇つぶしのための表紙買いだったのですが、ほのぼのした雰囲気が好きで結局最終巻まで揃えました。
    将軍が好きです。笑

  • 「私の狼さん。」シリーズ第3弾。
    やっとあの魔狼、散葉の登場です。


    絵のタッチが柔らかくて、
    とても可愛らしい画風が
    良いですね。


    散葉も可愛いですが、
    私的には将軍が一番好きですvv
    散葉のあの変わった方言も可愛いですが。


    ギャグ風味かと思いきや
    どことなく切ない。
    でも、心温まるストーリー。 

  • 絵柄が可愛くて世界観も素敵だし、ふんわりしてるし!
    ほのぼの感が素晴らしいです!
    可愛い子たちに萌ましょう♪

  • 妃&#26440;×散葉が好き<br>
    昴様も好きです

  • 友達が読んでたので買ってみました^^

  • 表紙で衝動買い。すごく癒される

全37件中 1 - 25件を表示

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)に関連する談話室の質問

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Dear 1 (ガンガンWINGコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする