ながされて藍蘭島 2 (ガンガンコミックス)

  • 239人登録
  • 3.30評価
    • (7)
    • (9)
    • (57)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 藤代健
  • スクウェア・エニックス (2003年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757509832

ながされて藍蘭島 2 (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ペンギン村的な閉じた島に暮らす、ちょっと変な島民たちとそこに流れ着いた少年一人。文化摩擦があるわけでもなくあっさり馴染んでしまうところが一昔前のコメディ(notギャグ)漫画っぽい。本当に良くも悪くも毒にも薬にもならない漫画だなあ(褒めている)。

  • 1巻では主に、舞台となる藍蘭島や主人公の東方院行人、メインヒロインであるすずの紹介が行われたが、この2巻では周りを固めるサブヒロイン達の紹介がメインになっている。
    それにしても行人って妹がいるのに何であんなに女体に弱いんだろう?
    妹と一緒に育ってれば少なくとも年下の裸にいちいち動じたりしないんじゃないかと思うんだが。
    まあ、妹の美咲に関してはあんまり触れられないので、一緒に育ったわけではないとか、再婚相手の連れ子みたいな設定があるのかもしれないけどね。
    それはそれとして。
    まちって、身長と頭身と乳のサイズがアンバランス過ぎてどうも不自然に見えてしまう。
    服を着ているときは小学生のような体系なのに、裸になると突然成人女性の体格に「変身」しているようにすら見える。
    もっと言ってしまうと、小人症の人に感じるような違和感すら感じる。(゚ー゚;A
    始めの頃はまちってわりと好きなキャラだったんだけど、上記理由や、年上ぶった役どころのせいで、途中からあんまり好きじゃなくなってしまった。
    あやねの方がはるかに好感度高いなやっぱり。
    それはそれとして。
    ちかげのエピソード。女の子が男の子の風呂を覗くという逆シチュエーションは珍しいね。これは・・・・・萌える。( ゚д゚)
    2巻の最後では、少女キャラの中で唯一、行人を嫌う女の子のみことが登場する。
    結構好きなキャラなんだけど、まったくデレてくれないのが残念。

  • 行人も徐々に藍蘭島での生活に慣れ、様々なタイプの女の子たちと知り合っていく。
     ばけばけ(白くま?ではない)がカワイイ。
     どんな子がこの島にいて、どのように関わっていくのかがわかる巻。
     普通ならハーレムなのに、この子(行人)ときたら…。まあ、そこが漫画におけるモテ主人公の条件ですよね。ってぐらいに超鈍感。ニブチン。実際いたら結構面倒。

  • 4757509839 189p 2007・2・1 16刷

全5件中 1 - 5件を表示

ながされて藍蘭島 2 (ガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ながされて藍蘭島 2 (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ながされて藍蘭島 2 (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする