魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)

  • 798人登録
  • 3.59評価
    • (93)
    • (65)
    • (248)
    • (7)
    • (0)
  • 77レビュー
  • スクウェア・エニックス (2003年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757510500

魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超高齢 超高齢 超超超超超高齢

  • ギリがキタキタ踊りで封印されるそうですね。

  • 最終決戦(絵柄がだいぶ変わってしまった

  • 最後むちゃくちゃ良かった。大好きとハッピーがぎゅっと詰まったラストでした。真面目な場面やラブラブっぷりを恥ずかしがって笑い飛ばすみたいなギャグ漫画、優しい世界をありがとう! アニメも完結楽しみだ!

  • 絵の変化はまだいい。けれど、やはり最後の三巻にはストーリーラインからも、メッセージからも、往年の輝きが失われていたと思う。なるほどなァ……。14巻のレビューにも書いたが、「失速したから終わった」のではなく、「終わらせようとしたから失速した」のだろう。型にはまると動けなくなっちゃう作者さんだったんじゃないかな。だって自分で言ってたもんね。「マンガはバーリトゥードさ!」

  • 10巻ぐらいまでは、RPGという型の中での逸脱がとても斬新でおもしろかったが、後半になるにつれ、ルール無用になってしまい失速したように感じた。が、全体としては何とか着地できたんじゃなかろうかと。

  • ゆるーいギャグ感満載のRPGっぽい作品。
    最後までゆるーいです。

  • ■書名

    書名:魔法陣グルグル16巻
    著者:衛藤ヒロユキ

    ■概要

    ギリの城を進む一行の前に因縁の相手カヤが現れる…。一騎打ちを
    望むカヤにククリは堂々と応じ、勝利する。ついに魔王ギリとの決
    戦の時…! 「われは魔王ギリだ」「おまえたちに会えるこの日を、
    たのしみに待っていたぞ!!」そう言って現れたのは…なんとキタ
    キタおやじ! 驚愕する一行だったがニケの勇者の拳のツッコミで
    おやじは消える。次に現れたのはカヤで…。悪魔ガルリロが現れ、
    ギリとはククリの心が作り出した幻だと告げるが…。そこに闇魔法
    結社の総裁とルンルンが駆けつける。魔王ギリの正体とは? 
    笑いと感動のギャグファンタジー最終巻!
    (From amazon)

    ■感想

    とうとうグルグルの最終巻です。
    やっと読む事が出来ました。

    最終巻だけあって、少しつめすぎかな?と思いましたが、色々な人物
    との決着がありました。

    しかし、ここまでやるとキタキタオヤジ最強ですね。
    魔王にキタキタ踊りを教えるってすごい展開だと思いますね。

    最終巻なので、通常は、恋愛とファンタジーがメインになるはずですが、
    そこに、笑いを結構散りばめていたと思います。
    少しくだらないしつこいものもありましたが、ギリさえもギャグ要因に
    してしまうあたりは非常にうまいな~と思いました。


    最後まで楽しませて頂きました。

    グルグル「2」も読んでみたいです。

  • 大人になっても笑える。
    前半が最高に面白い。ここはワンワンの呪い がすき

  • 大団円でした!

全77件中 1 - 10件を表示

衛藤ヒロユキの作品

魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔法陣グルグル (16) (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする