小説 スパイラル~推理の絆~ (4) (コミックノベルズ)

  • 384人登録
  • 3.53評価
    • (36)
    • (25)
    • (121)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 城平京
制作 : 水野 英多 
  • スクウェア・エニックス (2004年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757511811

小説 スパイラル~推理の絆~ (4) (コミックノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説版スパイラル最終巻。当時子供の嘆願でガンガンを定期購入するようになり、長男がスパイラルのコミックスを集め始めているので借りて読み、外伝小説もあると知り購入した。本編のノリでノベライズされていて本編の重苦しさがない分気楽な内容。正直なところ小説版スパイラルを読んで城平京氏の著作を集めるに至った。

  • 最終巻。

    小学生歩の関わる事件が3つ。
    どれもこれも異常な話だなあ。
    清隆が「殺人自体が非常識なものだぞ」とか言ってたけど、今回の話はまさにって感じです。

    事件そのものは容認出来ないけどお話としては好きかな。
    歩とまどかの出会いや、清隆とまどかの馴れ初めとか(そして歩くんの挫折の日々)。

    悪魔の折り紙は見てみましたが、あれは無理でしょー

  • 「スパイラルシリーズ」の中でも、屈指の力作・名作といえると思います。
     テーマは「折り紙と競馬」
     この2つを使った展開・トリックは驚愕を通り越し、その先に見えてくる「犯人像」と、その内面に潜む狂気さえも推理してしまう主人公・鳴海歩の“異常性”と“悲しさ”は、言語を絶する。

     全体を通して構成が優れており、読みやすいのも素晴らしい。あまりの面白さに、何十回と繰り返し読んでしまう名作。
     入手は難しいかも知れませんが、手に入れることができるならぜひ読んで欲しい作品です。

  • 歩とまどかの出会いが萌え過ぎて……!!
    ミステリとしても面白いんだけど、やっぱりキャラを見ちゃうなぁ。
    それがイヤで、小説版は終わりになったんだろうけど。

    くるみお嬢さんの、
    『もう鳴海とは関わりたくない。弟にだってだ』のくだりがかっこよくてステキだった。
    短編でいいから、続きが読みたいなぁ。

  • くるみが主人公の話。
    城平さんのミステリー大好き!

  • 小説スパイラル最終章。今回はくるみが中心だった話。しかも今回は論理からなる推理系がメインでとても読み応えのある作品であった。個人的にこっちの流れのほうが好きです。

  • 小説版完結編。てなことでどうもコミック版にも関連のある話になっている……かな? 外伝に鳴海弟も登場。しかしこれで十二歳とは、たしかに詐欺だ(笑)。
    メインとなる表題作がイチオシ。なんといってもアヤツジストにはお馴染み?の、「悪魔」折り紙がアリバイトリックに使われているのだから! ……あ、もちろんそれだけではなく、ロジックも見事。そしてそれ以上に「論理的な狂気」の存在がばりばりインパクト。そうそう、私も途中までは考えられたのだけれど、あと一歩のところでどうしても「常識」から抜けられないところがあるんだなあ。そこから抜け出すブレイクスルー的発想はやはり見事。

  • ミステリー好きな人なら楽しく読めます。
    アニメなのにアニメと感じないです。

  • 小日向くるみは鳴海清隆との推理対決に勝てずじまい。そこに羽丘まどかや清隆の弟・歩の想いもからまり、新たな事件へ!
    折り紙と競馬による鉄壁のアリバイを崩しにかかるくるみだが、思いもよらない難題にぶつかり、歩のサポートを得ることに…。
    歩の推理は?くるみの勝敗は?そして清隆が最後にみせる切り札とは?
    ガンガンNET掲載の前哨戦二編も収録し、「スパイラル」外伝、ここに完結。

    (読了:2008/06/??)

  • 外伝小説最終巻。12歳の歩少年の冴えた頭脳と後ろ向きな性格が堪らなく好き(笑)。
    歩のデザートは是非一度食べてみたい!

全18件中 1 - 10件を表示

城平京の作品

小説 スパイラル~推理の絆~ (4) (コミックノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説 スパイラル~推理の絆~ (4) (コミックノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする