ドラゴンクエスト天空物語 (11)

  • 147人登録
  • 3.60評価
    • (23)
    • (7)
    • (55)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 幸宮チノ
  • スクウェア・エニックス (2004年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757512399

ドラゴンクエスト天空物語 (11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラゴンクエスト5のサイドストーリー。
    主人公とビアンカが石化して行方不明の間
    子供たちがお父さんお母さんを探し世界を周るお話。
    ゲーム内では語られていないので、コレを読めばさらに
    ドラクエ5が好きになれるかも。
    逆を言えばドラクエ5を知らない人には??かもしれませんね。

  • 再読日:2011年10月17日
    発売する度に購入していた漫画も7年で完結。
    でもまとめて読み返すと、物語の中では約2年です。
    裏表紙の4コマも表紙coverをめくった作者の裏話も全巻余す事なく読み返しました。
    全てが懐かしさで、5をまたplayしたい気持ちになりました。

    最終話では数年後の話しが描かれています。
    カデシュは国を復興してる最中だと信じてます。
    テンとソラは13歳から14歳ぐらいでしょうか。
    男女の双子なんで成長過程で違いが出てくるのですが、身長差がこんなにも…!
    顔は似ていて安堵しました。
    gameには無い内容で読了後はとても気持ちが温かくなりました。

    memo:ストロス王国の神殿内から数年後の世界へ。
    ミニモンの日記帳短編漫画付き。

  • 1巻の画像がなかったので11巻で。笑 双子かわいかったです双子。「がんばれなかったらどうするの?」に対するテンの返事が忘れられない。

  • DQ4コマのデフォルメ絵しか知らなかった幸宮先生に惚れた
    きっかけがこの漫画。DQ5好きなのでたまんなかったな!
    主人公は双子なのですが、ちらっと出る両親も大好きです。
    カデシュのラスト・・・orz

  • 大好きなドラクエ5の双子テンとソラが主人公の物語。。
    石化されたお父さんが元に戻り双子と再会するシーン泣けました。。
    個人的にはお父さんと再会してからビアンカ助けるところまで漫画にして欲しかったです///

    色々オリジナルの部分は多々ありましたが、本当おもしろかった///

  • 全11巻

  • ゲームの漫画化アニメ化はコケるっていうのが当時の私の見解でした(笑)。…の中で綺麗にまとまって終わったなって思うのがこの一作。
    双子が「お父さんお母さん捜し」を通じて成長していく様は、切なくもぐっとくるものがあります。この方の描く5の世界はほんわかしててあったかい。

  • 4巻くらいまでまともに買ってた(笑)
    同人時代のお知り合いです
    有名になったもんだとニヤついてました
    チパパニックも好きです

  • DQVの双子が主人公。
    結構面白いのに、意外とマイナー。
    でも私は好きです。
    後半になってくるとDQ要素は薄まってきますが、感動要素が強まってきているので、読み通すことは容易に可能です。
    延べ4冊もの雑誌を渡り歩いた数奇な運命のマンガ。
    一読をオススメします。
    ところで、サンチョさんの「ザ☆犯人は現場に戻る大・作・戦!」って言うのは結局なんだったんでしょうね。

  •  ドラゴンクエスト?のコミック版(?)で、主人公の子供たちメインのお話です。
     可愛い絵で描かれた、子供ならではの悩みや悲しみ。そして、子供の目線から見た世界。すべてが新鮮で、こんなにもいろんなコトに感動できるんだな。って思わせてくれる作品です。少しずつ成長していく「テン」と「ソラ」に、少し親心を持ってしまいましたw
     ほのぼのとした世界の中に、ふっと流れる涙があり、そっと微笑んでみたり。
     Vのコミック版として読むより、別のお話として見たからか、すっごく満足して読めました。

全17件中 1 - 10件を表示

幸宮チノの作品

ドラゴンクエスト天空物語 (11)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラゴンクエスト天空物語 (11)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする