鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)

  • 4808人登録
  • 3.57評価
    • (514)
    • (251)
    • (1451)
    • (4)
    • (2)
  • 131レビュー
著者 : 荒川弘
  • スクウェア・エニックス (2004年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757513181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ランファン、フーの名前判明。リンと共に付いてくる。
    ジャンは、ラストに情報を聞き出され、アルたちは、ヒューズが殺害されたことをしる。マリア・ロスが、容疑者として逮捕され監獄に収容されてたところを、バリーとリンに助けられるが、帰り道に、ロイ・マスタングに炭化するまで燃やされる。
    アームストロング少佐の表情がやばい。
    そして、そのあとの家でのグレイシアさんが、男前すぎてやばい。
    バリーを匿っているファルマンの家に、バリーの肉体が襲撃。ホークアイにグラトニーが襲撃。ランファンが、エンヴィーに複数の魂がいることに気がつく

  •  本作において、いわゆる過去回想ではない、物語の開幕後に進んだ時間軸において、ショウ・タッカー合成獣事件とヒューズ暗殺事件は物語の核なのだろう。多くの場面で影響するこの二つの内、本巻は後者の、多くの登場人物に与えた帰結を丁寧に説き起こす。

  • ロスの死が哀れすぎる。マスタング氏はもっと頭が良いのかと・・。まだ裏があるのかな?バリーがかっこよく見えてくる不思議。

  • マース・ヒューズの死。セントラルに戻ったエド、アル、ウィンリィの3人は、期せずしてその訃報を知ることになる。そして、ヒューズ殺害の犯人として連行されたのは、あのマリア・ロス少尉だった!!バリー・ザ・チョッパーの手引きにより、脱獄するロス少尉。しかし、その先にはロイが待ち構えていた…。ロスの死に直面したエドたちは!?今まさにロイが、リンが、ホムンクルスと対峙する!(Amazon紹介より)

  • 9巻目。

    国家的な陰謀に徐々に巻き込まれていきます。
    知恵を絞って対抗しますが、どこまで抵抗できるか。ハラハラした展開の中次巻に続きます。
    次が楽しみです。

  • 【内容】
    ・ロス少尉に対する大佐の攻撃
    ・ヒューズ准将の件を兄弟が知る
    ・「エリザベス」たちと大佐のやり取り

  • このマスタング組の表紙が10巻作者コメントとともにお気に入り。本編内,キャラの活躍も良い。

  • 無実の罪で逮捕されたマリア・ロス。
    あからさまに死んでいる演出は、きっと死んでない。

    せまるバリーの肉体。
    魂と肉体との繋がりってどうなっている?

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • やっぱダークなだぁ

全131件中 1 - 10件を表示

鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼の錬金術師 (9) (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする