ブクログ大賞

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)

  • 1070人登録
  • 3.61評価
    • (137)
    • (87)
    • (352)
    • (5)
    • (1)
  • 88レビュー
著者 : 城平京
  • スクウェア・エニックス (2006年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757516052

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • "「あんた抜けてもいいんだぞ こんなきつい話に付き合うことはない」
    「何言ってるんですか それじゃあハッピーエンドに付き合えないじゃないですか?」"

    完結。
    ヒロインに隠しがあるのはとても好き。

  • *
    結局收得有出乎意外!
    這套確實現在看 也直得整部收藏呢
    我也一直都很喜歡 書末原作與漫畫家 各自的感想

    城平知道自己作品中 可能會被攻擊的點
    與提示&「解釋」到何種地步的拿捏
    喔 本集書末說到的本作參考模型
    ...竟然是科學怪人@@!! ( Frankenstein

    是說這部真的是 主角最後還是逐漸邁向死亡...
    女主也沒有因為是女1而...
    (作者也沒有因為幾位遠瞻的讀者 而改變計畫XD
    可說滿足了我在先前幾部少女漫被和諧的怨懟吧XD

  • 久しぶりに読みました。「推理の絆」とあるので殺人事件→解決と思われがちですが全くそんな話ではありません。
    綺麗な絵と可愛いキャラクターからは想像できないようなグロくて救いのない絶望の話・・・ところどころにギャグもあってそれほど暗くないのですが終盤になるとしんどくなり、ラストまで読むと何とも言えない感覚になりました。けどそんな話がとてもおもしろい。

  • そういえば…こんな話だった…
    ひよのはマジ…
    ラストが好み。完全に救われたわけでもなく、というか。

  • 歩の出した答えは、無責任と思われても仕方ないかもしれない。
    でも、非現実的な力で無理やり解決すればスカッとはしたかもしれないが、それはなんか違う。

    ラストはきれいにまとまってた。

  • 最終巻

    最後に歩は救われた気がするので良かった。

    たまにふと読みたくなる作品

  • このスパイラルという漫画は大好きでしたが、最後が少し残念でした。
    歩くんには幸せになって欲しかった…。
    水野さんと城平さんのコンビが、また見られたら良いなと思っています。

  • 絶望から希望へ。
    この物語に教えられたことは本当にたくさんあって、出逢えてよかったなぁと思ってる。

  • 最終巻のみ登録。
    少年誌らしく推理ものと展開したのは最初だけで、あとは終始サスペンス展開という内容。設定はかなりむちゃくちゃですが、一気に読ませる位の展開はある。問題なのは理論で進める展開なのにやや理論が強引。破綻はしてないが、へ理屈に近い。
    絵は丁寧でマンガチックで好みだが、この展開にあっているのかはよくわからないところ。少年誌には向いているが。

    良作だと思います。

  • 最後の巻がどこの本屋にもなく、アマゾンでも在庫無し、14巻まで買えて最終巻だけ買えないってどういう事よと思ったら、BK1で買えてほっとしました。最終的に裏切りの予想はしていましたが、ほぼ納得のラストに満足です。まぁ、無理っちゃ無理やりだけどなぁ

  • ひよのの正体はなんとなく分かってたんですがいざ突きつけられると衝撃でした。ブレチルの問題は解決してないし、90%くらいのところで結末を迎えてしまった感じ。でも、希望を残すような、やさしいラストがとても好きです。歩とひよの一緒に幸せになれーって心から思います。

  • 今でも読み返しては号泣してます。
    最後の歩の笑顔で読んでる自分も救われたような気がしてしまう。

  • 最終巻。
    ブレチル好きな私にとっては少し寂しかった・・・
    ひよのちゃんの存在には驚きました!
    伏線はちゃんと回収されたのですっきりとした終わりでした!

  • 連載をリアルタイムで読んでいて、ラストのあまりの(読者にとっての)しんどさに耐えられず封印してましたが、数年経って気紛れでふと本棚にあった全巻読み返してやっぱり号泣しました。が、時間を置いて少しは冷静になってみると、これは物語の最大にして最後の悲劇=主人公の死をここまで決定付けながら猶、その生にこそここまでの価値を与えた、やはり希望を描きたかった物語だったんだなと思いました。希望≠幸福、希望≠救済、よって救済≠幸福ではないと。★5つは傑作というより問題作、衝撃の度合いからの評価です。誰の目から見ても明らかに不幸でなきゃいけないから、迫り来る死の影を前にして、その限りある時間の中せっかく(ようやく)出逢えた寄り添い合えそうだった女性の手まで放さなきゃなんなかったとか、どんだけ……orz まあひよのさんの特殊な立場からして、八方丸く収まるハッピーエンドはやっぱり最初から無かったですよね。作為的なボーイ・ミーツ・ガールから始まっても、一緒に重ねた時間や築いた繫がりは嘘じゃなかったですし、最後作中で何度となく歩に問いかけられてた『こんなに絶望的な暗闇の中でも今のおまえを支えてくれるもの』っていうのの大部分はやっぱりそれだったんじゃないかと信じたいですが、確かなことは物語の中で彼はまだ生きていて、その全身で懸命に希望を体現している、伝えている、ということですよね。それだけでこの物語の意義は充分だったんじゃないかと思う。幸せになるために生きてるんじゃないってのはあまりにこちらをやるせなくさせる結論ですが、最終話の扉絵とひよのさんに向けられた歩の笑顔は、決して絶望だけを読者の胸に残すものではなかったですよね。あまりに奇麗だから、胸が詰まるものでした。うーんやっぱり読み返してよかったです。直視できずに放り出していたこの物語が、ようやく自分の中で終えられた印象でした。

  • まさかこんな話になるとは…!と、思った推理漫画。良い意味で…たぶん。歩&ひよのVS理緒&香介の話がすごく好きでした!

  • この巻がスパイラルの中で一番好きです。表紙も凄く好き。
    確かにあの結末は残念なところもあるけど、それが今では一番綺麗な終わり方だったのかなと思います。
    歩とひよののコンビが今でも大好きです!

  • この巻がものすごく大好きです。こんな結末も、いいなと思いました。
    全部知った後に読み返してみて、ひよのだった人と歩が並ぶのを見るとそれだけでもう胸が詰まる思いです。

  • 運命の螺旋。神の論理を超えた、絆の選択。

  • 城平先生らしく、終わりは後味がいいのか悪いのか…
    そんなところが好きです。

  • ひとつの大きな流れとして、スパイラルという漫画が好き。

  • なんてったって、ひよひよが可愛い!
    当時(中3)の時に嵌っていたので、卒業文集のある欄には『ひよの』と『火澄』の名があります。

全88件中 1 - 25件を表示

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)に関連するまとめ

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

スパイラル―推理の絆 (15) (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする