鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)

  • 3926人登録
  • 3.78評価
    • (424)
    • (231)
    • (710)
    • (7)
    • (1)
  • 135レビュー
著者 : 荒川弘
  • スクウェア・エニックス (2007年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757519657

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グラマンの活躍に期待。キンブリーを逃がしたのは後々の恐怖の予兆。

  •  組織の中で権力・権限を握っていなければ、無謀なクーデターに訴えるしかない。その無意味さを知っていればこそ、理想を忘れず、臥薪嘗胆の境地で物事に取り組むことが必要なのだ。捲土重来を期し、不利な中で次の準備を進めるマスタング一派。そしてエルリック兄弟。一方、ブラッドレイ側も自らの野望実現のため次の布石を。それを担うのは紅蓮の錬金術師。追い込まれるスカーは、恩讐を超克しつつDr.マルコーを救出し、彼との共闘の道を選ぶ。そして、舞台は雪深い北の山間地帯へ。そこで出会う新たな女傑…。

  • アームストロング少将登場。弟も好きですが姉ちゃんもナイスキャラです!メイやスカーと、エドたちの錬金術の違いにはどんな秘密があるのか・・なんか嫌な予感。得体の知れない巨大なアイツも。

  • 北へ!!ホムンクルスが「お父様」と呼ぶ男によって錬金術の発動を止められたさなか、メイとスカーが使用した東方の錬金術『錬丹術』の謎を追うことに。メイが北へ旅立ったという情報を得た兄弟は一路、北方司令部よりさらに北に位置する隣国ドラクマとの国境付近を目指す。「賢者の石」を体内に隠すキンブリーの出獄!“ブリッグズの北壁”アームストロング少将登場!物語は新たな局面に向けて静かに動き出す。(Amazon紹介より)

  • 16巻目。

    舞台は北へ。
    グラマン中将が食えない感じで好きです。若くて真っ直ぐなキャラも好きだけど、こういう老練なキャラが目立って欲しいな。

  • 【内容】
    ・520センズの約束
    ・錬丹術を知るため、メイ・チャンたちを追って北へ
    ・ブリッグズ要塞の地下の下に人造人間らしき人が

  • 舞台は北の国へ。

    アームストロング少将。
    少佐のお姉ちゃんだけど、全然似てないッ!

    傷の男を追うキンブリー。
    この二人の因縁はまだまだ続きそう。

  • 2014 7/11読了。借りたもの。
    13-27(最終)まで2日で一気読み。
    感想は末尾に。

  • グラマン中将おもろいなぁ

  • 再読ー。

全135件中 1 - 10件を表示

鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

鋼の錬金術師(16) (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする