PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)

  • 191人登録
  • 3.52評価
    • (15)
    • (16)
    • (57)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 柴田亜美
  • スクウェア・エニックス (2007年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757520486

PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キムラwww
    子安ヴォイスで再生されるせいか、ウザさが半端ないwww

  • 誕生の言葉だと?

  • だんだんといい話に(笑)

    そんなにドロドロさせなくても、いい話しかけるようになってきたな柴田亜美。年の功?相変わらず美人ですが、一時期のように死にそうな顔はしていませんね。いつの写真かという問題はありますが。

    どうやら、「PAPUWA」どころか、「南国少年パプワ」を含む物語の始まりの世界にきているようです。

    ところで、このいっぱいパプワも、パプワくんと同じく、子どもの顔をした大人なんだろうか?

  • とりあえずこの巻まで読んだぞ!

  • 柴田作品は他の作品も大好きですが、個人的な思い入れが深いのはこの作品。
    子供の頃に読んでいた南国少年も好きで、大切な作品ではありましたが、この作品をきっかけに大人になってから柴田作品を読むことになり、その深さに気づかされました。
    この作品だけでなく、他の柴田作品も含めて、子供の頃は、とにかく良い話、良いセリフだと思っていたエピソードも、大人になると感じ方が変わり、突き刺さるように心に刻み込まれるものもあれば、深い共感を呼び目頭が熱くなるものもあります。
    『大人の視点から読む柴田作品』、そのきっかけとなったPAPUWAの連載に感謝です。
    昔読んだとしても、是非、大人になってから読みなおして下さい。
    今も昔も変わらぬ『柴田ワールド』全開な、ギャグやキャラも現在進行形で健在ですよ。
    これだけ長い期間走り続けられる、柴田先生自身も尊敬です!!

  • 泣けるわ…。パパが素敵過ぎるよ。マジックファンクラブに入りたい。笑。
    シンタローの活躍が少なくてちょいと不満。

  • やっぱり笑うわ。エビ凄いよ。

  • 時に、ルーザーのあの話は最初から設定されていたんですよね?

  • ミツヤ編終了と過去編はじまり〜
    カバー裏がいい!笑ったyo☆!!

  • もうなにも言うまい。
    ストーリーの上手い作家さんだなぁと実感します。
    順調に秘密も明らかになってきていて、安心して読んでいます。
    さて、これからどうなるのか、展開がとても楽しみですし、きちんと終わりが見えてきましたね。
    シンタローやパプワくんがあんまり出て来ないのは昔からのファンとしては寂しいですが、あくまでリキッドくんが主役である事を分からせてくれるので、ありがたいです。
    パプワシリーズも後少しで完結します。
    人間模様が、ほろりと泣ける温かい漫画ですね。
    なにげに、前作の紹介イラストのシンタローが好きです。
    笑顔が優しいですね。

全11件中 1 - 10件を表示

柴田亜美の作品

PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

PAPUWA 12 (ガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする