コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)

  • 487人登録
  • 3.60評価
    • (37)
    • (58)
    • (107)
    • (5)
    • (1)
  • 34レビュー
  • スクウェア・エニックス (2007年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757521407

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 未レビュー消化。どの作品もテーマにそってなかなかキュンキュンできる物語でした。お気に入りはイクシズ先生の魔性の女、マセガキ一善の一途すぎる思いの頂点を天然という名のオチに叩きこむネタが良かった。あとは花沢チカ先生の猫と煙はザ少女漫画みたいな印象でコンプレックス抱えた女性の思考がかいま見えていて良かった。

  • 年の差のアンソロジー。
    スクウェア・エニックスの著者が描いてる。

  • ……一緒にやってい?

  • 堀田さんさすがですね!
    可愛らしいお話で素敵。

    花沢チカさんいいなあ。

  • ヨシノサツキさんと佃 範奈さんの作品が特にお気に入り。

  • 堀田きいちさんの作品がとにかく素敵。最初は「ええええ!」と驚かされるような突拍子も無い設定で、一瞬不安になりましたが、綺麗に回収していて、設定も生かされていたので最後まで楽しめました。

    全体的に台詞の応酬が激しかったり落ち着いていたり、「年の差」って世代が違う分感覚も違うけど、その分懐かしさや憧れがあってキラキラしていて暖かいものですね。

  • 「年の差萌」とゆうのが少しわかったかもしれない←

    あーやっぱ堀田さんだなぁ・・・❤w

  • 3作の中で堀田きいちの作品はこれが1番好き……!
    多分他の2作より男の子が低体温じゃないからなんだけど。笑。
    結末がかわいくてかわいくて……><
    あとは最後の花沢さんの女の子もかわいいかなー、と。

    堀田きいち「時計回りの夏休み」
    ―お祭りと線香花火。時計回りなカップルの反時計回りな出来事
    ichtys「魔性の女」
    ―花屋の女と幼稚園児な僕
    ヨシノサツキ「パプリカ・ピーマン・トウガラシ」
    ―八百屋の彼と女子高生
    松本サトヤ「DEAREST LOVER」
    ―配達員の少年と工場で働くおねーさん
    佃範奈「チェンジ!」
    ―女王気質の高校生と爽やかな後輩
    花沢チカ「猫と煙り」
    ―定時制高校のスモーカーとタバコ屋の高校生
    堀田きいち「先生あのね」
    ―恋する暴走小学生と先生の4コマ

    Kさんいつもありがとー

  • 年の差モノと聞いて買ったんだけど、私にはちと合わんかった。

  • 堀田きいちさんと、ヨシノサツキさんと花沢チカさんのお話が印象的でした。女の子が年上という設定のお話が多かったかな!ていうか全部?

全34件中 1 - 10件を表示

堀田きいちの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)に関連する談話室の質問

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コミックアンソロジー年の差。 (ガンガンコミックスアンソロジー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする