PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

  • 185人登録
  • 3.68評価
    • (20)
    • (19)
    • (33)
    • (6)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 唐辺葉介
制作 : 冬目 景 
  • スクウェア・エニックス (2008年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757523432

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一文でまとめるなら、
    「どうやら僕は、自分の内側のものだけで永遠にやりくりできる新しいサイクルをつくることに成功したらしい」

  • 予備知識も何もなく著作を初めて読んだ。途中まではこの世界を許容できたけど、終盤は辛い。良さが分からないです。

  • 意味深補充スタンド

  • ラノベと侮るなかれ。墓まで持ってく一冊。不思議なことになぜそしていつこの小説を手にとったのかわからない。ただ文体やら内容やらがひどく自分に合った。それだけ。以降唐辺作品は愛読してます。犬憑きさんは正直イマイチだったけれども。

  • とても清潔な感じのするお話。
    だいすき。

  • まず表紙が気に入ったので借りた。
    最初から穏やかに進んで、ラストの怒涛の夢から夢へが好き。
    なのに最後の最後が難解。
    そのまま受け取っていいのか、でもどれが本物かわからない。
    はっとさせるようなオチが欲しかった。
    または納得するような描写が欲しかった。
    今気が付いたけど、表紙の女の子主人公じゃないじゃん。
    でも冬目景さん素晴らしい。

  •  さあーっ、と読んでいける小説です。
     中身があるようなないような、重たいのか軽いのか、まるであらすじだけじゃ分からない。
     人々とのぽつぽつとした会話がテンポよく小気味よく発せられていって、自分の吐露がつらつらと述べられていく。
     扉絵が度重なるごとに黒く塗りつぶされていってきびが悪くなっていく。
     表紙のカバーイラストがかけらもない。扉絵に騙された!という人もいるのではないでしょうか。
     くるっていくさくひん、だと書いている人が多いですが、くるっているかどうかなんて人によって違いますし、くるっていくさまがそのとおりかどうか読んでお試しあれ、です。

  • 「そう、それは構造色だ」

  • ふわふわした話。
    なにが現でなにが夢で。自分が誰で世界がどれで。きっと私たちはこれらを確かめるすべを持たない。そういった世界観を凝縮したような話。
    特別面白いと感じたわけではないが、何か惹きつけられる。今日はもう読むのやめようと思ったけど気になって読み進めて…それを繰り返し、気がついたら裏表紙までたどり着いていた。

  •  唐辺葉介さんの作品。この人が描く一人称小説は大好きです。
     淡々と、静かに狂っていく描写がとても巧いなと感じました。初めはそれほどでもないけれど、後半になるにつれ扉絵が気味悪くなっていく様子はもう異常としか。
     冬目景さんのカバーイラストが綺麗で素敵です。

全25件中 1 - 10件を表示

唐辺葉介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の作品紹介

どうせ僕には、自分が見ているものしか見ることが出来ないんだ。「僕」には死んだはずの家族たちの姿が見える。一人、絵を描きながら過ごす「彼ら」との奇妙な日々がやがて、「僕」の本質を引きずり出す…。「しかしこの家は気持ち悪いな。きみの内臓のなかにいるみたいだ」。

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の文庫

ツイートする