PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)

  • 185人登録
  • 3.70評価
    • (20)
    • (19)
    • (33)
    • (5)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 唐辺葉介
制作 : 冬目 景 
  • スクウェア・エニックス (2008年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757523432

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天野 こずえ
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 一文でまとめるなら、
    「どうやら僕は、自分の内側のものだけで永遠にやりくりできる新しいサイクルをつくることに成功したらしい」

  • 意味深補充スタンド

  • ラノベと侮るなかれ。墓まで持ってく一冊。不思議なことになぜそしていつこの小説を手にとったのかわからない。ただ文体やら内容やらがひどく自分に合った。それだけ。以降唐辺作品は愛読してます。犬憑きさんは正直イマイチだったけれども。

  • とても清潔な感じのするお話。
    だいすき。

  • まず表紙が気に入ったので借りた。
    最初から穏やかに進んで、ラストの怒涛の夢から夢へが好き。
    なのに最後の最後が難解。
    そのまま受け取っていいのか、でもどれが本物かわからない。
    はっとさせるようなオチが欲しかった。
    または納得するような描写が欲しかった。
    今気が付いたけど、表紙の女の子主人公じゃないじゃん。
    でも冬目景さん素晴らしい。

  •  さあーっ、と読んでいける小説です。
     中身があるようなないような、重たいのか軽いのか、まるであらすじだけじゃ分からない。
     人々とのぽつぽつとした会話がテンポよく小気味よく発せられていって、自分の吐露がつらつらと述べられていく。
     扉絵が度重なるごとに黒く塗りつぶされていってきびが悪くなっていく。
     表紙のカバーイラストがかけらもない。扉絵に騙された!という人もいるのではないでしょうか。
     くるっていくさくひん、だと書いている人が多いですが、くるっているかどうかなんて人によって違いますし、くるっていくさまがそのとおりかどうか読んでお試しあれ、です。

  • 「そう、それは構造色だ」

  • ふわふわした話。
    なにが現でなにが夢で。自分が誰で世界がどれで。きっと私たちはこれらを確かめるすべを持たない。そういった世界観を凝縮したような話。
    特別面白いと感じたわけではないが、何か惹きつけられる。今日はもう読むのやめようと思ったけど気になって読み進めて…それを繰り返し、気がついたら裏表紙までたどり着いていた。

  •  唐辺葉介さんの作品。この人が描く一人称小説は大好きです。
     淡々と、静かに狂っていく描写がとても巧いなと感じました。初めはそれほどでもないけれど、後半になるにつれ扉絵が気味悪くなっていく様子はもう異常としか。
     冬目景さんのカバーイラストが綺麗で素敵です。

  • 淡々と狂っていく物語
    狂っていく描写が秀逸

    正気の狂気との境界が曖昧
    狂気に浸されていく感覚を正気に認識している描写が怖ろしい
    全てがゆらゆらと揺れていて、夢か現かぼやけた感覚

    静かに淡々と狂っていく様子は読む者さえもそこに引き込んでいく
    精神的に危うい時に読むのは注意

    読んでいて不安になってくる話

  • 瀬戸口何とかさん好きなら読んで損は無いです。
    後味の悪さもさながら、主人公が徐々に狂って行く過程はさすがだと。
    ラノベの定義が曖昧なのですが、これは結構抽象的な表現がそれを画すかと。

  • 思春期特有の青さ、主観で塗りつぶされていく世界とその終わり。描こうとしたものがこぼれ落ちていくラストが好きです。評価が割れやすい作品のようですが、子供の頃に「自分がいなくなっても世界は動いているのだろうか?」と悩んだことがある人は受け入れやすいのではないかと自分は思います。

  • 案外、さらっと読めた。白昼夢を見ているような感覚に囚われます。
    僕はそれなりに楽しめましたが、これは好き嫌いが分かれそうですね。

  • 物凄い中毒性がある、脳が凍るようなダウナーなお話。
    ずっとこの世界というか、感覚みたいなものに浸っていたくなる。
    そんな中で、あのラストシーンは衝撃的で、主人公と読み手である自分の
    感情とが繋がったみたいに哀しくなった。
    暗い作品というものは、陰鬱で、ジメジメしたようなものが多いが
    この作品は逆で、乾いていて、サラサラとした感じがする。
    多くの人が言うように、評価の分かれる作品だと思う。

  • 巷で高評価な作品だが、イマイチだった。
    壊れていて、なんか気持ち悪い。

  • すごく…気持ち悪いです…でもそれがたまりません。何度でもこの感覚を味わいたくて読みたくなってしまう。麻薬みたいで怖いです。

  • 最近見ないなって思ってたらこんなところに転がってたんだなこういう「ブンガク」。
    あっさりした文章なのに精緻で読み手を緊迫させる力があり、ぐいぐい読ませる。
    嫌いな人はたぶん本当に嫌いな小説になることは間違いない。
    それは小説が悪いのでも読み手が悪いのでもなく、両者の受け皿の違いとでもいうのか、たぶんそうしてもののせいだ。
    僕は、主人公に共感できないし、自己完結をそこまで徹底できない。
    いや、でも分からない、他人の死、自分の死、そうしたものが突然降ってかかる現実の中で、そうした選択をとることが
    間違いなのかどうか・・・。いや、間違ってるけど否定できるかどうか。
    一度読んでみてほしい小説だ。

  • ノベルゲー出身は何故か転ける。原田宇陀児も元長柾木も転けている(ロミオは未読)。めておは大丈夫!と願掛け。
    ジャンルとの折り合いなのか作者の素なのか分からないけれど、序盤のテンプレ学園生活は退屈で仕方なかった。30p程度に纏めていれば良作だったかも。
    幻想小説は(意外と)ラノベ層には耐性がなくて伝わりにくいし、場所と分量を間違えていると思う。

  • 「俺が小説書くとこうなるんだよなー」というのをちょっと読んだところで感じた。主人公の思考の流れを書こうとしたら、どうしても不自然な出来事を書いてしまうところとか。こんな感覚ははじめて味わった。親近感だか痛ましさだかなんだかよく分からない、妙な気持ちになってしまった。
    みるべき所も多かったけど、期待していたほどは楽しめなかったな。星3にするか迷った。
    それから章ごとに挟まっている蝶の絵の移り変わりにゾクゾクした。

  • どうせ僕には、自分が見えているものしか見ることが出来ないんだ。

    「僕」には死んだはずの家族たちの姿が見える。一人、絵を描きながら過ごす「彼ら」との奇妙な日々がやがて、「僕」の本質を引きずり出す……。「しかしこの家は気持ち悪いな。きみの内臓のなかにいるみたいだ」



    と、ある意味衝撃的な説明文が並ぶ本作ですが、その説明文に恥じない内容です。

    凄く…気持ち悪いです。。
    こんなにも吐き気を覚えた作品は始めてですね。

    自分はあまり本等は読んだ事が無い若輩者ですけど、この作品以上に「気持ちの悪い」本はあまり見た事がありません。
    読み終わった後の余韻も最悪です。
    自分の場合は夢にまで出てきましたw


    でも個人的評価は星×4です。
    何故ならば、まず自分がこの著者のファンと言う事があるでしょう。
    「あれ?この人デビュー作コレじゃなかったっけ?」とお思いかもしれませんが、実は某業界で活躍していた瀬戸なんとかさん(ry
    まぁ、これ以上はあまり言えませんがwそういう訳で、自分はこの人のファンなのですよ。
    いわゆる信者補正ですね。

    後は…そうですねぇ。
    自分はこういう読み物関係は数日、下手をすれば数ヶ月掛けて(掛かって)読むのですが、本作は珍しく1日で読み終えました。
    勿論短いという事もあるでしょうが、その世界観というか…物語が進むにつれて次が気になるというのが大きかったですね。
    それに、サクサク読めます。
    コレは自分としてはポイントが高いです。

    と、長々と書かせてもらいましたが、結論から言うと個人的には大好きな作品です。
    しかし、人を選ぶだろうと。
    好きな人はとことん好きだろうし、嫌いな人は途中で破り捨ててしまうかもしれません。
    そういう作品です。

    もし購入する気があるのなら、この著者の別名義のゲームをプレイしてみるか(体験版でもおk)
    立ち読み等をして、自分に合うかどうか確かめてみた方が良いと思います。

  • 面白くはないけど内面描写のグログロ感は好き

  • 4に近い3だろうか。ディスコ探偵の次に読んだら、ものっそい短く感じてしまった。描かれているもの自体は素晴らしい。けど、人間を愛しているように見せかけようとしなくてもいいんだよって、最近の小説やシナリオを読んでいるとよく思う。善へのエクスキューズが絶対あるけど、鬱陶しい。西尾維新の小説を今読んでいるが、タイムリーにもそのことについて触れてあったのでオオウってなった。

  • 瀬戸なんとかさんが書いたという話なのでちょっと買ってきます

全24件中 1 - 24件を表示

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の作品紹介

どうせ僕には、自分が見ているものしか見ることが出来ないんだ。「僕」には死んだはずの家族たちの姿が見える。一人、絵を描きながら過ごす「彼ら」との奇妙な日々がやがて、「僕」の本質を引きずり出す…。「しかしこの家は気持ち悪いな。きみの内臓のなかにいるみたいだ」。

PSYCHE (プシュケ) (スクウェア・エニックス・ノベルズ)の文庫

ツイートする