トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)

  • 165人登録
  • 3.51評価
    • (13)
    • (22)
    • (37)
    • (6)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 夜麻みゆき
  • スクウェア・エニックス (2008年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757524569

トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 夜麻みゆきさんの描く世界に、悪人は一人も出てきません。
    甘っちょろいなんていうレベルを遥に超えて、徹底した性善説で編まれた世界なのです。
    悲しいこと、痛いこと、怖いことなどは出てきますが、悪いことというものが出てきた例はありません。
    その痛いことや悲しいことですら、きれいなもの優しいものたちがぎゅっと凝縮して出来たものであるような、そんな気がします。
    しかし、そこが時折激しく切なさをかきたててくるのです。
    そんな世界観受け入れられないよという方には、夜麻作品はお薦めしません。
    夜麻先生は、正直なところ特別お話作りが上手いというわけではないと思うし、絵も非常に魅力的ですが独特なので、好みじゃないという人もいるでしょう。
    それでも、長い絶筆の期間を経てなお、彼女の作品がファンから根強く愛されているのは、ひとえにあの優しい澄んだ空気に惹かれて止まないからだと思うのです。

    夜麻先生6年ぶりの新作は、ちょっと不思議な、絵本を読んでいるようなお話です。
    絵柄など、さすがにブランクを感じずにはおれない部分もありますが、あの優しいふんわりとした空気感がそのままで、泣きたいくらい幸せになりました。
    またこの空気を吸えることを本当に嬉しく思います。
    おかえりなさい!
    ゆったりとでいいので、どうかこれからも書き続けていって欲しいと思います。

  • レヴァリアースや刻の大地と違い、王道の少年まんがというよりは、児童文学系ですね。
    読むと優しい気持ちになれますよ。

  • ほのぼのファンタジー。
    久々にこんな話を読みました。

    「かごのいうことは絶対!」のシステムがすごく好き。
    いいなー、その心の豊かさが。
    あと、お昼寝屋が憧れ。
    すごい贅沢。行ってみたーいっ!

  • 夜麻みゆき先生の他の作品でよくみられる
    「魔物も生き物だから殺したら可哀想」イズムを持つ非戦闘要員はいません。
    そもそも魔物と戦ったりしない。なんたら大地シリーズは一切関係ない。

    基本的に一話完結のオムニバス形式のファンタジー漫画で
    セリフ回し等も相まって漫画と言うよりも絵本に近い。
    主人公であるルナとルチル姉妹及び居候のジェイドを中心に
    町の人々が不思議な体験をする。というのが物語の基本線なんだけど
    不思議な体験の根本を解決するとかそんな話は無くて
    「不思議だったねえ」で毎回終わる感じ。
    それだけではパンチが足りないけど、毎話最後に添えられる一言が
    物語の完成度を高めており、それによって落語のサゲの様に感心するのですわ。

  • 夜麻みゆきさん、大好きですが、久しぶりの新刊も、絵の雰囲気が変わっている違和感から読まずにおりました。でも、ブクログで幾つかのレビューを見て、やっぱり読んでみたくなり、購入。

    絵本!みたい。
    やっぱり、絵が違う感じは違和感。でも世界観とか、ほわほわしたセリフとか、雰囲気とか、色々なところが夜麻みゆきさんな感じで、読むとほっこり幸せ。
    サイレントチックな部分は、どういうふうにキャラクターが動いているのかすぐについていけない((-_-;))部分もありましたが、何より独特な街と生活が胸きゅん。

    特に、目の前にカゴが現れたら、絶対にカゴの命令に従わなければならないという地域ルール(笑)にはほっこり楽しい気分になりました。博物館の話も怖くて不思議てぎゅんぎゅん。

  • ちいさなやさしいものがたり。夜麻ワールド。

  • 2009/11?:1巻まで読了。
    西アジア風の世界のなかで生活する姉妹とそこで居候する少年のお話。

  • 久々の夜麻さん作品。
    自然物の描き方や雰囲気は昔からのまま。
    懐かしく読んでいて気持ちが暖かくなりました。
    思わず幻想大陸やレヴァリアースを思い出しました。
    ですが、人物の描き方が劣化して見えるのは気のせいではない筈・・・。
    どないしはったんやろう・・・。久々過ぎて緊張してはったんやろか。
    線がぶれている所が・・・。
    2巻目を登録しましたが購入には熟考します。

    好き嫌いが分かれると思いますが、
    絵本風、fantasy風が好きな方にはお薦めです。
    翡翠、目を開く事は無かったな。
    2巻目では開く所は見れるでしょうか。

  • あったかほわわん、それでいて心にしんみり染みる夜麻先生独特のやわらかい作品です

  • お店でたまたまGファンタジーを立ち読みしていたらこの漫画が掲載されているのを発見。絵の雰囲気からこれはまさかと思って作者を確かめたらやはり夜麻先生。
    絵はだいぶ変わっているけどやはり醸し出される雰囲気は変わらず素敵な作品。

  • こんなに優しい作品は他には無い

  • 上手く説明できないのだけれど、とても夜麻先生らしい作品だなと感じました。あと先生が描くパンはとてもふわふわしていて美味しそうです(笑)

  • 全2巻。とってもメルヘンな、漫画と絵本の中間って感じの本。
    作者さん本人も「チャレンジした内容で、漫画と言い難い漫画」って言ってるように、普通のコミックスだと思って読むと肩すかしされるかも。
    とあるオアシスの街の、ほわほわ不思議な日常と非日常。基本はメルヘン、ときどきコメディ、ときどきうっすらダーク。暗いところも基本的には月夜の暗さなのでだいじょうぶ、なんだけど最終話だけはちょっと毛色が違って重苦しいかな。終わり方がすっきりしなかったので星-1つです。
    でも、全体的にはほんとに良い雰囲気ですてき。世界観萌え!てことでFavorite!

  • 夜麻さんらしいっちゃらしい漫画だなぁと思った。
    絵本みたいな話。
    全二巻。

  • 夜麻先生復活おめでとうございます*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ
    DQ4コマ時代からのファンなので嬉しいです嬉しいです嬉しいですっ!!! なのに出てたこと気付いてなくてすいませんでした…!!
    ゆっくりでいいから幻想大陸シリーズも決着つけてほしいです。

  • 新作が出ていたとは・・・!
    二巻で完結のようですね。

  • 夜麻みゆきさん、ひさびさの新作!! 読んで安心する、変わらない空気の著書。2巻目を待つ。

  • ノリが以前の作風と若干異なるのかな、と思ったけれど、読むにつれて懐かしい!と思える雰囲気が健在で嬉しかったです。技法も雰囲気も話ごとに異なって、ふんわりするけどドキッとできるあったかい本でしたvやっぱりこの作者の本は好きだなぁ、と思ったよ。買ってよかった。

  • 満を持しての最新作。
    ゆるやかでかわいいお話たちでいっぱい^^

  • 全2巻
    夜麻みゆき復帰(?)作
    ジェイドという名前が大好きなんですね・・・この作品にも出てきます(前作とは全くの別人)
    できるだけ文字を少なく、簡単に理解できるように書かれた本

    絵本のようなマンガです

  • 久しぶりに読んだ夜麻みゆきさんのコミックス。
    昔と変わらないほのぼのした雰囲気がそこにあって安心しました。

    この本はあの頃を懐かしむような思いで買いました。
    心の片隅に寂しい気持ちがひとかけらだけ、ありました。
    自分は大人になった…いや、年を重ねたんだなぁ、と。
    とてもうれしい。今読めることがうれしいです。

  • ちょ、むしろ今すぐ買いにいく。出てるの知りませんでしたorz

  • まさかまさかの新刊で発売日ゲットを狙ってたのに、漸く今頃ゲットっていう!もうちょっと刷れ出版社!(笑)
    ほんわかまったり、ホントにこんなところがあるのかもねっていう空気が素敵でした。
    この空気がたまらんよなあ〜。ぽよぽよしてるかんじ。
    全二巻ってことなんで、こっちもまったり待とうと思います。

    翡翠の名前を見るたびちらりと別の人が(つーか声が)頭を横切るのは気のせい気のせい(笑)

  • 大好きな夜麻先生。
    復活おめでとうございます。
    まだリハビリなのかなー?という絵柄でしたが。
    話で伝えたいことは変わらないのだなぁ、と嬉しくなりました。

  • ついに単行本化!
    どのお話も大好き。

全28件中 1 - 25件を表示

トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)に関連する談話室の質問

トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トリフィルファンタジア 1 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする