BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)

  • 419人登録
  • 3.51評価
    • (15)
    • (16)
    • (45)
    • (3)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 土塚理弘
制作 : 五十嵐 あぐり 
  • スクウェア・エニックス (2009年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757525955

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 最終章バニ学編スタート!

    本編とは関係ないのだけど、
    ソフトボール部時代の思い出にふけっていたサヤが 飛んできたボールからキリノを守ろうとして おいしいところをねこに全部持っていかれるギャグが好きだ
    ・∀・`

    土塚先生のあとがきによると、この作品は“ワンランク上のおっさんを目指して頑張る おっさん成長漫画”であって、“美少女剣道コメディー”ではないらしい
    オタク受けのする美少女剣道コメディーとまでは思ってなかったけど…今までおっさんが成長する漫画読んでたのかぁ自分…

  • バニ学編スタート。
    思わぬ舵取りで、どういう結末に向かうのだろうか?

  • ストーリーが動き始めたぞー

  • 再読時登録。最終章・バニ学編突入。
    あとがきの「美少女剣道コメディー」ではなく「おっさん成長マンガ」であるとの言はまさにこの作品の魅力の大きなところを占めるのだが、バニ学編に当たって今まで登場していなかったおっさんが急に増えるのでやや呑み込みにくい部分が出てくる。室江中の面々がコジローを含めて殆ど登場せずにバニ学編の導入のためのTV関係者のキャラ性を深める回が異様に連続するため連載物としても正直苦しい部分があったのではと思わずにはいられない。室江の面々を描きながら進めることは出来れば尚良かったのではないか。
    その分か室江勢の中学時代を描く特別編が収録されているのはありがたい。それぞれの個性的な中学時代がネタとして面白いので非常に良い。オチも期待通り。
    剣道小町や飛鈴中などこの巻の辺りから同時進行し始めた外伝「B」との繋がりを出してくるあたりは魅力的。

  • 特別話のダン君が無駄にかっこよかった。どのキャラクターも持ち味が丁寧に描かれてて良い。何よりみんな楽しそうだし。

  • もうちょっとストイックに剣道漫画をしてもいいと思うけど、これはこれでアリなのかなーうーん?

    タマの圧倒的な強さとか、他の部員たちの地道な成長とか、どうもどっかに置いてきていやしないかい? という雰囲気です。

    スポーツ漫画ではなく、ギャグ漫画というカテゴリです。最近。

  • 特に進展はないような。
    でも、最終章に向かってるとのことで、終わりという区切りがちゃんとあるようなので安心。

    in 実家

  • 主人公らがでてこねぇ

  • 06/25
    購入。まだ読んでない。

    ---
    06/29
    読んだ。まぁいつも通りといえばいつも通りなんだけど、
    いつにも増してタマちゃんの出番なし。

全11件中 1 - 11件を表示

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

BAMBOO BLADE 11 (ヤングガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする