妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)

  • 3352人登録
  • 4.13評価
    • (383)
    • (317)
    • (195)
    • (27)
    • (6)
  • 202レビュー
著者 : 藤原ここあ
  • スクウェア・エニックス (2010年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757528512

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

  • 人物紹介と設定の紹介といった一冊。双熾の犬っぷりが見ていて楽しい、凛々蝶も可愛い

  • カルタちゃん推しです

  • 予想以上奥が深い漫画であり、とても自分好みの作品だった。
    2年くらい前から気になってはいたけれど、なぜかずっと手にすることができていなかった作品でもある。もっと早く手にとって読んでいたかったと思った。
    11巻まであるということなので、ゆっくりこのストーリーを楽しんでいきたい。

  •  今さらはまった…。
     みんなキャラが好きすぎて。特に女子。女子がいとおしすぎる。全女子キャラが好きだ。

  •  妖怪物と言っていいだろうか。主人公らの顔見せとなる一巻である。積んでしまっていたが、先だっての訃報を受けて思い出して読んでみた次第だ。
     全体的に物語はやや硬い。同級生の嫌味役などはさすがに戯画化され過ぎているし、ところどころで説明不足も目立つ。絵が良いという良さは、どことなくサービスショット的な要素も匂う描き方と合わせてニーズに応えている印象を受けるが、ストーリーの側に不足を感じるのだ。

     とはいえ、まだ物語の始まりであり、ここでストーリーについて注目しすぎるのは早急だろう。それも加味して、星四つと評価したい。

  • こういった下僕関係の作品は好きなのですが、
    ちょっとツボにハマらなかった。
    絵はとっても可愛いし、1巻で
    辞めてしまったら何にも分からないのかも
    しれないけど、続きを読むのは難しかった。

  • ※このレビューでは全11巻をまとめて扱っています。
    ※多少の暴力・流血表現があります。

    【印象】
    旧家の令嬢が越してきたのはSS付きマンション。
    それは人と妖怪の血を引く若者たちが住まう高級物件。
    時の流れ、他者との関わり、変わること。

    【類別】
    ファンタジー、ロマンス、ややコメディ。青春要素も。

    【脚本等】
    数箇所、斬新に感じられる展開がありました。
    山あり谷ありの構成は多くの人に受け入れられるものでしょう。
    一点、御都合主義に思える部分はありますが、気にならないほどのものかもしれません。

    【画等】
    少し可愛らしさを強調した絵柄です。
    しかし成人男性の人物に限っては少女漫画風の印象を受けました。
    女性の服装等について拘りを感じます。

  • はまりそう・・・面白いです。絵も好み。

  • 大学時代にアニメを見ていたと言ったら、友達に問答無用で貸されて勢いに10巻まで読破。
    アニメで全部だと思ってたのに、まったくそんなことはなかった。「アニメなんて序章に過ぎないから!!」と言っていた友人の言葉通り。次はどうなるんだろうとページをめくる手が止まらなかった。どうしてアニメはあそこで終わってしまったのか!
    話の展開はとても面白いと思える。散らばるギャグも好き。反ノ塚と蜻蛉のキャラが好き。でも話の展開の中でちょっとわかりにくいところが無きにしも非ず。泣けそうなところはあっても泣くまでには至らない。最終巻はどうなるのかな。

  • →アニメ(2012/3)

    ♡髏々宮カルタ

  • 普通の少女漫画だと思うと、しっかり構成されたストーリーに色々してやられる作品。もちろん恋愛も友情もギャグもあります。
    ですがストーリーありきのキャラクターではない、というところがとても魅力的です。

    残念ながら好き嫌いが分かれる作品だとは思うので、未読の方はひとまず4巻まで読まれることをオススメします。

  • タイトルからなんとなく偏見を持っていたけど友達にゴリ押しされて借りて読んでみたら、もう完全にはまった。

  • 話題作と言う事で読んでみました。可愛らしい絵に変わった名前のキャラ(*・ω・)ギャグなのかしら?と思いながらも所々謎が。皆名前に因んだ妖なのね。凛々蝶さま可愛い(=°ω°)つ)°∀°)

  •  読んだ本は「妖狐×僕SS」。
     もうずっと、読みたくて読みたくて仕方がなかったんですが。
     藍嬢が貸してくれる、というので遠慮なく借りてきました。

     えーっとすいません。
     想像通りの萌え本でした。

     本当にごちそうさま(じゅる)。

     なんかも一ページ目からキュンキュンが止まらない。
     多分ねー、基本的にまず絵が好きなんですよ。
     黒髪ロング美少女だしー。
     オーバーニーだしー。
     ガーターベルトだしー。
     ミニスカートだしー。
     ひんぬーだしー。
     どことなくゴスロリ要素漂っちゃってるしー。
     おんにゃにょこなのに呼称が「僕」だしー。
     口悪いしー。
     おまけにツンなのにシュンでおまけにちょっと天然って……って……

     僕を萌え殺すつもりか!(鼻血)

     おまけに、男の人もかっこいい。
     これがこれが素なのかどうかについては、まだ疑問の余地があるんだけど(そういうところも萌へ)。
    「天然黒(ピュアブラック)」だし。
     あぁ、萌える(ごろごろ)
     おまけに、スーツハァハァ 獣耳ハァハァ(もういい加減黙れ)

     この話、本当、めっちゃ好み。
     藍嬢がせっかく貸してくれるんですが。

     これ自分で買いたい。(落ち着け)

     だって! だって! 久々に漫画読んで、絵描きたいって思ったんだよ!
     こんな絵描きたい……(無理だ)

     なので、絵を描くための参考資料+萌え本として一石二鳥ではないか(主観)。

     ちなみに、僕、野ばらお姉さんも結構好きです。
     ていうか、気持ちがよくわかる。いえ、僕、あそこまで変態さんではありませんが(ぇ)。
     というか、眼鏡&グラマラス美人とか、最高です最高。
     お姉さん、僕にセクハラしかけてくれないk(黙れ)

     でも野ばらお姉さんって梨緒娜嬢に似てるよね

     なんかねーなんかねー、もう基本的にこの人の描いてる者の頭身バランスとか手足の細さとかがたまらない。
     素晴らしい。素晴らしい。
     とりあえず、明後日の仕事帰りくらいにまとめ買いしてくるわ!(おーい……)

     経済回さなきゃ!(それ、絶対何か間違ってるだろう……)

  • 妖怪が関係する作品が好きなので、とても好み。キャラのデザインも凄イイ。イケメン風な男性キャラがわりと出てくるから女性向けかな、と思っていると、女の子キャラにやられる。りりちよちゃんカルタちゃん可愛い。こう、女の子キャラの魅力を引き出す表現が沢山含まれている。……誰向けなんだろうこの作品。

  • しんどい思いをしてきた優しい人に与えられる無償の愛。
    あたしそーいうの好きよ。(魔女の宅急便)

    この表紙の感じ。奇抜すぎるタイトルと人の名前(例:主人公の名前→凛々蝶 りりちよ)。設定のファンタジーっぷり。それと絵の感じ…
    この辺に初めは尻込みしてたけど、だんだん慣れた。
    貸してもらわなきゃ読むことはなかったと思うけど、結構おもしろかった。

    キャラで押し込む感じの魅力。
    妖狐のシークレットサービス欲しいと思うこと請け合い。
    意図的に軽い話を描いてるそうだ。その軽さが気楽で読みごこちがいい。

  • 蜻蛉のキャラがとても良い。
    カルタ可愛い。
    コメディとしては秀逸。

    しかしわかりにくいお話だなあ…
    もう少し丁寧に描いても良いのでは、と思う。

    2013.06.21 (9巻まで読んだ)

  • 伝奇/ラブコメ
    15.04.14 11巻up←これで完結!

    全11巻 完結

  • 藤原さんのマンガを全部持っている気がした

    全巻所持

全202件中 1 - 25件を表示

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「積読」で登録しているひと

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)はこんなマンガです

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする