魍魎の揺りかご 1 (ヤングガンガンコミックス)

  • 171人登録
  • 3.39評価
    • (11)
    • (10)
    • (27)
    • (8)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 三部けい
  • スクウェア・エニックス (2010年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757529694

魍魎の揺りかご 1 (ヤングガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 突然話が始まってる。
    よくある設定だけど面白そう。

  • 転覆した豪華客船を舞台に繰り広げられる恐怖の鬼ごっこ
    タイトルの意味が理解できた気がします

    前作『鬼燈の島』から夢ちゃんが登場してますね^^

    カナの言動がいちいちイラッとくるなぁ

    ゾンビ的なのが出てくる時点でありえないのですが、 一番ありえないなと思ったのは滝川君ちがサーカス団やってたこと(笑)

  • パニックホラー/サバイバル
    14.08.01 新規up

    全06巻 完結

  • 「僕だけがいない街」が面白いので、昔の作品も読んでみたくなり購入。
    突然話が始まっていてビックリしたけど、手に汗握る展開で、あっという間に読んだ。
    転覆する船+殺人ウイルス?続きを読むのが楽しみ。

  • 沈む船、取り残された子供たち、殺人鬼がうろつく中、生きて地上へ戻れるのか。
    冒頭で状況説明は全くなく、いきなり壊れた建造物内に異常な殺人鬼がいることが描写される。物語を読み進めて、ようやくそこが船の中だとわかる仕組み。

    1巻で行動を共にするのは鮎川さん、滝川君、春日君、宮村さん。滝川君は無愛想で突き放すような物言いをしてて、春日君は恐怖と闘いながら周りに気を配るような動向をしている。宮村さんは少々パニック気味といったところか。主人公の鮎川さんはむっちりしててエロい。

  • 密室系のゾンビホラー。

    閉鎖された船を舞台に脱出を試みるクラスメートとの話。やや使い古した感があるが、まあ鉄板。ホラーなので凄惨な書き方ですが、画風的にそんなに怖くない。そんなことより女の子エロくない?

  • 状況説明がないまま話がいきなりすすむ。

  •  サバイバル・ホラー。この人の名前、最近よくみるなあ。
     船という密室、迫りくるゾンビ(死人が生き返り襲ってくる)、疑心暗鬼、殺し合い、嬲り合い、おおこわ。
     サラッと読んでいけます。お色気シーンもあり。なにかの折で読みましたが、確かこの作者さんって同人誌だかで十八禁描いていたとのこと。お色気も気合いはいってる感があるよーな。

  • 密室、ゾンビ、噛まれたら感染、脱出というよくある閉鎖空間サバイバルホラー。少し知略戦部分あり。

  • 突拍子もなく殺戮が始まるサバイバル的な。

全18件中 1 - 10件を表示

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魍魎の揺りかご 1 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魍魎の揺りかご 1 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魍魎の揺りかご 1 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする