ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)

  • 362人登録
  • 4.03評価
    • (23)
    • (32)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 竜騎士07
制作 : 桃山 ひなせ 
  • スクウェア・エニックス (2010年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757529717

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 前半の、沙都子を救うまでの流れは、圭一たちの団結と梨花の葛藤を描くために必要なのは分かるのだけど、長いし同じようなことの繰り返しで正直だれた。でも作者が描きたかったのはここから生まれる教訓みたいだからしょうがないのかな。
    個人的には、5巻くらいからの流れが、ザ・ひぐらし!って感じのミステリーだったのでそちらの方が面白かったです。
    あとは祭囃しだけか。随分読んだなー

  • ぱちぱちぱち… 涙

  • この漫画で、この作画でこんな少年漫画なノリとアクションを拝めるとはw

    そして漫画だからこそ…の皆殺しの描写!!!!!!!!!
    ひょえーぎょえーとちょっと涙がこぼれるくらいのテンションになるわー。
    走馬灯もいい!

  • ---

    H24*06*10*Sun 読了
    9784757529717

    ---


    皆殺し編終了!!
    今までの解よりも
    解っぽい(笑)

    最後の最後が残念でした。
    でも、
    人の良さがわかったかもなの。

    雛見沢の火山ガス噴火は実は人の手によって行われたものとかww
    竜騎士07さんが書かれているように、
    ひぐらしは一つだけではただの物語。
    だけどもいくつも重なると解答になるんだわー
    これがひぐらしの売れた理由なんだろうな。

    次の祭囃子編も気になる!


    end.
    ---

    iPhoneから送信

  • 全ての答えが出揃った?!
    後は結果を求めて最後のシナリオへ?!

  • 大石の死亡、部活メンバーとならなんだって克服できるという全能感を打ち崩す鷹野の弾丸。そして、雛見沢村壊滅。

    皆殺し編のラストはその名の通り、皆殺しエンドなわけですが、これでようやく立ち向かうべき犯人の正体がわかりました。

    あとはどうやって立ち向かうか。もちろん今のままでは何度やっても勝てないでしょう。残りの必要なコマはいままで読んできた人にはわかっているはず。
    祭囃し編に続きます。

  • 祭囃し編で“ひぐらし”完結でしょうか。
    早く読みたいです。

    みんな頑張れ!!

  • イイですよ!新OVA楽しみ~

  • 桃山ひなせ/竜騎士07

  • 2010/8/21購入・11/23読了

    わりとあっさりと。原作やった後ではあるけどこれはこれで楽しかった。

    楽しかった、というのは不謹慎か…でも面白いものは面白いんだ。ごめん。

  • 途中の沙都子を出す辺りはアニメだとすごい昼ドラっぽくて正直嫌いだと思ったけど漫画だとしっかり描かれているから面白かった。最後の部分とかも、え~予想外って感じで良かった。

  • 「私達ならこの局面を乗り越えられる」という、一種の万能感すら感じる場面からたった1つの鉛玉によってどん底まで突き落とされる展開は原作もこちらも圧倒的。終末作戦の場面での絶望感は、漫画版ならではと思った。圭一やレナの意志の強い表情がすごくかっこよくて、にやにやする。

全12件中 1 - 12件を表示

竜騎士07の作品一覧

竜騎士07の作品ランキング・新刊情報

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)のKindle版

ツイートする