“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)

  • 290人登録
  • 4.00評価
    • (19)
    • (24)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 野村美月
制作 : 高坂 りと  竹岡 美穂 
  • スクウェア・エニックス (2010年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757531031

“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初は☆2評価にしようかと思いました。なんだかすっ飛んでるし、まとまりも無い強引な感じがしたからです。でも19章から事情が変わったようにまとまってきます。最終章ではまさに最終章と言うかのごとくとても清々しく綺麗に話が着きます。またいい作品に出会えました。

  • なるほどなるほど。
    不思議ちゃん。三つ編み。美少年。ロリデコ。謎の人物。ツンデレ同級生。ドッペル要素。
    自殺。トラウマ。自殺教唆。ナイフ。贖罪。
    文学少女。太宰。
    いい香りがする。嫌いじゃない。

  • どんな人間でも「仮面」は存在する。
    「仮面」を外すことが誰かひとりにでもできたなら、救われるんでしょうね。

  • 死にたがりの道化コミカライズ完結巻。
    ライトノベルも漫画も本気で手を出してみようと思い始めたころに書店を物色していて、このシリーズのタイトルに一目惚れしました。
    小説読んでから、結構間がありましたが
    比較すると、やはり初見の小説の方がゾクゾク楽しめたとは思いますが、画もきれいでせつなさも出ていて、原作になぞって上手く描かれています。
    そういえばこの作品読んで、太宰治も読んでみました。懐かしい。
    良い意味で思ったとおり、すごく好きな著者ですね。

  • 最高でした。
    ライトノベルのコミカライズの中で群を抜いて良い作品だと思います。

    早く幽霊も出ないかな〜とそわそわします。

  • 泣いた 折に触れて何度か読み返す一冊になると思う

  • 太宰治の「人間失格」も「走れメロス」も「葉桜と魔笛」も「雪の夜の話」も「皮膚と心」も「女生徒」も「蓄駄犬」も「貨幣」も読みたいぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。

  • コミカライズ版「死にたがりの道化」最終巻。
    このあたりの展開に原作でゾクゾクきていたことを思い出します。
    絵のクオリティも相変わらず良好。
    次の「飢え渇く幽霊」にも期待です。

  • これは良いコミカライズ。
    次シリーズの飢え渇く幽霊も期待!

  • 読んでいて自分がいつでも死ねるとおもえばいくらぶんか楽なんだろうなっていう言葉が浮かびました。次回作も高坂先生作画みたいなので楽しみです。

全12件中 1 - 10件を表示

野村美月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「積読」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 3 (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする