新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)

  • 451人登録
  • 3.75評価
    • (30)
    • (29)
    • (35)
    • (9)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 藤原ここあ
  • スクウェア・エニックス (2011年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757532922

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ※一部に軽い暴力及び流血表現の含まれる作品です。

    【印象】
    貧乏な女勇者と"魔狼"の魔王との仲睦まじさ。
    他、魔王配下の3人がどうのこうの。

    【類別】
    ファンタジー、ロマンス、コメディ。

    【脚本等】
    本書に収録されているのは「わたしの狼さん。」全4話及びその読切版と「わたしの狼さん。THE OTHER SIDE OF LYCANTHROPE」全3話です。つまり計8話を収録しています。

    【画等】
    服装に拘りが見えます。

    【備考】
    本作の内容は『Dear』の前日譚に当たります。
    『Dear』のレビューは下記URLに。
    http://booklog.jp/users/70x20/archives/1/4757532911

  • 【中古】積読漫画消化強化中。いつ買ったかも分からないくらい放置されてた。変態×ロリ。この作者さんはいぬぼくしか読んでないけどまったく変わらないテイストに安心した。

  • 後半は面白かったです。
    プリノとキャロルと紅の3コンビが大好きです。
    特にキャロルがツボなのです。

  • 絵がすき

  • 新装版なので表紙は描き下ろし。
    勇者・小桃と魔王が一緒に旅をする話。
    魔王に仕えるプリノたちが魔王を探しに行く話。
    が入っています。

    当時の単行本はばりばりのアナログだったので、いぬぼくのようなCGになっているので中身を知らない人が見ると若干表紙とブレがあるかも。

    これを読み終わった方は「dear」も読むことをオススメします。

  • 新装版〜☆小桃、昴の話とプリノ達の話がまとまってて読みやすいv

  • 懐かしい。何度読んでも好きな漫画。表紙のカラーで、小桃ちゃんが髪も肌も真っ白じゃないのには疑問を感じたが。

  • わたしの狼さん。
    藤原ここあ目当て。

  • 読めてうれしい!魔王と勇者かわいすぎてつらい。

全16件中 1 - 10件を表示

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)に関連する談話室の質問

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 わたしの狼さん。 (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする