ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)

  • 78人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 渡辺道明
  • スクウェア・エニックス (2011年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757532991

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第7巻を読破。

    ブクログで発売されているのを知って、本屋で探して、でもなかなか見つからなくて。

    業を煮やして密林さんでぽちった。

    探しまわるよりも早く手に入ったよ、もう(苦笑)

    さて、前巻の終わりでハーモニーにやられたクラーリィの安否が判明。

    死んでなかった…よかった…瀕死だけど。

    それにしてもブラーチェが健気…。

    ハーメルン作品のシリアスとコメディのメリハリが好き。

    絶望に叩き落としつつ、がらりとコメディパートへ移る。

    さすがだな、と。

    グレートたちのお兄ちゃん2人が登場。

    サイザーさんにそっくりな長男と、ケストラーにそっくりな次男。

    でもケスト兄さん憎めない。

    ケストラーそっくりな外見で乙女回路とかw

    腹筋が崩壊するかと思った…ww

    リュートとグレートの共闘もかっこよかったー。

    この巻で敵のボスが登場。

    次も楽しみですね。

    カバー裏のサイ兄の小さな羽がすっごくかわいかったなあ(*´▽`)

  • 2011/08/05購入・09/24読了

    グローリア帝国の帝王が復活。

    ハーモニーの意識の回復。

    リュート&グレートの親戚、サイ兄さんとケスト兄さんの登場。

    復元されるノクターンの体。

    シェルの体はどうなるのだろう。

    くるみ割り人形のエピソードに出てきた人形とクララが可愛かった。

  • 雑誌連載時にはなかった追加がハムスターのくだり。胸糞悪かった。脇キャラかわいさを強調するために主人公を胸糞悪いキャラとして描写しちゃうのはどうかと思う。ギャグとして描写してるんだろうけど自分は全然笑えなかった。次巻8巻冒頭60話からトーンがデジタル処理になるので、アナログトーン処理のシェルクンチクはこれが最後。

  • どん底から立ち上がり、立直りかけたところでまた一波乱といういかにもハーメルン的王道構成。
    ギャグ要素は控えめだけどそこでそのネタで出るか、という意外性が良かった(笑)。

  • 容赦なくどん底に突き落としてからの、強くて健気な巻き返しがハーメルンのすごく好きなところ。突き落とし方も、力でねじ伏せるだけじゃなくて、心を壊すようないやらしいやり方で(例えるなら、ヴォーカルじゃなくてオル・ゴール)。今巻はまさにそういうシーンで胸が熱いです。
    ケスト兄さんがすごく好きなんですけど、ギャグ担当確定なんだろうか……。
    あと、ブラーチェの恋を応援しています。いい娘だよね。

  • 前半はバトル、後半は粗チンに全部もってかれた

全6件中 1 - 6件を表示

渡辺道明の作品

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~(7) (ヤングガンガンコミックス)はこんなマンガです

ツイートする