PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)

  • 780人登録
  • 4.36評価
    • (88)
    • (52)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 望月淳
  • スクウェア・エニックス (2011年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757533042

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エリオットの死の瞬間が切ない。ヴィンスの行動はどこまでもギルのことを思ってなのね。。やり方が怖いけど。

  • 【内容】
    ・エリオットの最期
    ・リーオとグレンの魂
    ・初代首狩りの正体
    ・ヴィンスの狙い、ヴィンスとリーオ

  • この巻で急にヴィンセントが好きになりました。

  • 扉絵のパルマの椅子はシェリルの車椅子なのかww

    エリオット…orz
    気付いた瞬間から自分の信念を貫き通すエリオットは非常にまっすぐだと思いました。
    それが死に直結する事だと知っていても。
    それに比べてナイトレイ公爵のダメさっぷりといったら…。

    61話のナイトレイ公爵に迫るヴィンスは熱いな…!
    この回では今まで知らなかった彼の一面を知れた。
    エリオットをうざく思ってそうと想像してたら感謝してたり、本当の願いを知ったり…。
    本当の願いは切なすぎる。。

    しかし、ヴィンスが誰かの従者になる展開にはビックリした(笑)

  • 首狩り編終結。ばらまきまくってた伏線を一気に回収。そっかー、あの人があれであいつがあれだったのか。エリオット、カッコよかったぜ。そろそろ最終章が見えてきたかな。そしてヒロインの空気化が止まらない。

  • この巻の表紙こそエリオットにして欲しかった…。
    エリー。最後男前すぎるよ。

  • どこまでも気高いエリオットがかっこよすぎて泣いた(;o;)

  • ついにハンプティダンプティの正体が明らかに…。
    サブリエの悲劇を再現した宴は閉幕し、新たな闇が生まれる。

    なんかもうほんとぽっかりします。
    嫌な予感がしてたけど、実際にそうなるとほんとツラい。
    しかも笑顔でその選択をするんですね、君は…あああああ。悲しい。すごく悲しい。

    そしてその後、ついにヴィンセントの願いも明らかになって。
    またそんな絶望的なこと言う!な気分なんですが、その前にまさかあの子が…!っていう話ですよ。
    意外なとこから新たな王が出て来てしまったので、もっとなんかドロドロしそうです。

  • 今巻は新しいネタも少なく,伏線を回収するのが大半で非常に読み易かった.勢力図とキャラの配置も,素直に巧いなと思った.しかしヒロインなはずのアリス空気.

  • 深淵の底・サブリエでハンプティダンプティと契約した罪深き魂。忘却の彼方に潜んでいたその真実を知ったエリオットは、信念の元にある決断をし…。

    首狩りの正体とその真実が明らかに。エリオットの話は実に重くて悲しい展開でした。エリオット好きだったのに…。
    てかリーオがここにきてまさかの展開。完全脇キャラだと思っていたので予想外です。
    相変わらず何を考え何を企んでいるのか分かりづらいヴィンセントの目的もちょっと見えてきた感じで、先が楽しみ。
    ヴィンセント好きなんで、その周囲がどういう反応をとるのかとかね。

全36件中 1 - 10件を表示

望月淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

PandoraHearts(15) (Gファンタジーコミックス)のKindle版

ツイートする