新選組刃義抄 アサギ(6) (ヤングガンガンコミックス)

  • 89人登録
  • 3.87評価
    • (6)
    • (15)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 山村竜也
制作 : 蜷川 ヤエコ  町田 一八 
  • スクウェア・エニックス (2011年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757533455

新選組刃義抄 アサギ(6) (ヤングガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 土方さん!!斎藤!!

  • 最終巻を読んで何かおかしいと思ったら6巻買ってなかった…! 尊攘派もとても魅力的に描かれててとてもかっこいいのだけど大体いつもどおり土方に持ってかれる私の興味。外伝でまさかの月岡芳年登場にビビった

  • まさかこんなところで月岡芳年が出てくるとは。
    再登場が待ち遠しいような、でもそれが最後の方で上野戦争後とかだったら哀しいですな…。

  • 今回は総司と以蔵の斬り合いが見せ場。
    公卿暗殺の事件で、斉藤一もこれからの展開を見るうえで、重要なポイント。
    総司の方はとにかく、天才的なひらめきの、剣っていうイメージがあるけど、ここでは、命をかけたギリギリの闘いっていう感じですごかった。
    泥臭いというか本当に命をかけている。
    しかしこの沖田の入り込みようが、また平助を追い込んでいくんだろうなあ。。
    これから浪士の分裂とか粛清が始まって来るんだよね。
    なかなか時系列がわからないですが、先の展開楽しみに。
    毎回カラーが再現されてて素敵です。

  • やぱし以蔵が憐れでならんよーおろろーん

  • 斎藤がわからない。そして以蔵が報われなさ過ぎる。

  • 姉小路公知暗殺にまつわる岡田以蔵vs沖田総司の迫力ある剣戟描写(と、えぐすぎる永倉新八の戦いぶり((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)&陣営とっぱらった個人の黒い思惑が入り乱れたスリリングな陰謀劇と絵もストーリーも全編見どころ満載のすごい濃い内容だった。

    筋を通しに来たはずの土方はいったいどうしてしまったのか。強烈に気になる謎を残して次巻への引き(;゚∀゚)=3ムッハー

    しかし、この沖田総司は優男なのに怖いなあ・・・いやもうマジ怖い怖い。
    人斬り以蔵のほうがむしろピュアな感じがするね。というか新選組隊士の腹の中過半数がドロドロだよね、この作品。

    巻末の外伝は原田佐之助と永倉新八の出会いを描いたコメディタッチの作風で、本編のシリアスなテーストとは違った味わいがありました。そして初出の絵師、月岡芳年が妖しくもふつくしい。。。

  • 新選組が姉小路公知の護衛にあたるところから、暗殺されるに至るまでがメイン。
    沖田総司と岡田以蔵の斬り結ぶ場面が迫力。
    理屈抜きの命のやりとり。
    だが勝ちに行くという気概においては沖田が上だった。

    そしてとうとう斎藤の裏の顔が暴かれる!彼は敵か味方か!
    一度は阻止されたはずの姉小路暗殺は何故実行されてしまったのか!
    とても気になるところで次巻に持ち越されたw気になる!!

    そして外伝は原田と永倉との最初の出会い。
    もはや漫才であるw

  • なんかよくわからないけど、楽しくなってきた!

全9件中 1 - 9件を表示

新選組刃義抄 アサギ(6) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新選組刃義抄 アサギ(6) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新選組刃義抄 アサギ(6) (ヤングガンガンコミックス)はこんなマンガです

ツイートする