ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)

  • 190人登録
  • 3.82評価
    • (11)
    • (22)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 福盛田藍子
  • スクウェア・エニックス (2012年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757536692

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セイジが可愛い。
    岩手の方言、こんなに上手く文字化してる漫画って少ない気がするなぁ。
    県南・県北・内陸・沿岸でも、だいぶ差のある県だし^-^;

  • 絵を見て衝動買い。
    ほのぼのしているはずなのに、リリアンのテンションが高い。
    子供が元気なマンガはとてもいいと思う。

  • 田舎ライフマンガが好きでよく買ってしまうんですけど、最近のヒットはこれですねー。考古学大好き少女のリリアンがパワーありすぎるの可愛いです。

  • とにかく可愛い岩手!
    ずっと行ってみたい土地で、佐々木未来さんがツイッターで仰ってたのきっかけで購入。
    すごく、素敵やった。
    やっぱり行ってみたいなぁ

  • 購入

    岩手県大迫を舞台に物語が進んでいく。

    方言あり、伝統芸能や文化ありで、
    岩手県民には特に楽しい内容化かもしれない。

    のんびり読めるかと思いきや、
    病弱で乙女趣味なことから心を閉ざしがち(?)な少年、がいて
    どの程度の温度に持っていきたいのかイマイチ掴めない感も感じた。

  • 岩手が舞台のほのぼのストーリー?リリアンの岩手弁がたまにわからない…(^^;)

  •  ガンガンオンラインで読んでましたけどもっかい読みたくなったので購入。田舎町が舞台なだけに住民同士のふれあいだったり田舎ならではの風習を物語に絡めていて面白いです。
     主人公たちが子供なので純粋な話が続いていって心が洗われますね

  • 盛岡でも花巻でも遠野でもなく、その三市の中間点にあたる、ワインと雛人形の町・大迫を舞台としたことがすでに勝因だったりする、新たなる岩手県マンガ登場。喘息持ちで手芸が得意な誠司と岩手弁を巧みに操る民俗学オタクの米国娘リリアンのコントラストもかわいい。登場するのは割と地元では知られたものが多いけど、夏野菜スープのひっつみはこの夏作ってみたいなあ。

  • 表紙買い。当たり。なにか、ばからもんと似た雰囲気だと思ったら同じガンガンONLINEか、関係あるのかな。最近は子供が出る漫画にホイホイ殺られるなぁ。
    べ、べつに桑島法子の推薦文にやられたんじゃないからね!(いやホントに
    @go_hayachine

  • 希望郷いわて文化大使・声優桑島法子さん推薦!!
    東北岩手大迫が舞台ののんびりハートウォーミングストーリー!
    田舎は良いですねぇ。方言がちょっと読みにくいけど(笑)
    絵も悪くないし。のんびりと読んでいきたいですなぁ。

全12件中 1 - 10件を表示

福盛田藍子の作品

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)に関連する談話室の質問

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハヤチネ!(1) (ガンガンコミックスONLINE)のKindle版

ツイートする