黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)

  • 1951人登録
  • 4.02評価
    • (112)
    • (158)
    • (82)
    • (6)
    • (3)
  • 74レビュー
著者 : 枢やな
  • スクウェア・エニックス (2012年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757537668

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ようやく寄宿舎編を読み始めました。
     私の知らない間にどんどん、続きが出ていてびっくりしました。

     女王様から消えた生徒の捜索を依頼されたシエルはセバスチャンと一緒に、寄宿舎に入り込むことに成功する。
     シエルは目的の人物に会おうとするけれども、校長がすべての実権を握る寄宿舎の中では自由に動き回ることもままならない。
     そのため、まずは監督生に近づくべく、行動し始める。
     シエル……というか、セバスチャンの働きは早速、監督生の寮弟に認められ、監督生たちだけが集まることを許される白鳥宮に招待される。
     ところが、間に入った人間がわざと時間を間違えて伝え、シエルは先輩たちの顔に泥を塗ってしまう。
     一気に信用を失墜させたシエルだったが、もちろんそれで黙ってやられっぱなしのシエルではなく……

     という話でした。
     まあまあベタな展開ですよね。
     女の華園にシエルが入り込んでしまった感じがして最高の展開です。
     性格悪いVS性格悪いで、何が起こるのか……とても楽しかったです。

  • モデルをガン無視のバイオレット笑ったw

    倍返しは痛快だった。
    しかし糸電話セットするのにどうして入れたのか謎。いやわかるっちゃわかるけど。そこはお咎めなし?

    あとがきで寄宿学校モノにあまり触れたことないってパロディ元不足をさらっと言っててびっくりした。
    毎回別作品で言い表せるもんね、ストーリーとか。
    今回はハリポタ×花男×マリ見て×ミュシャ。

    だんだん紫の監督生が王天君に見えてきたw

  • 名門寄宿学校に潜入したシエルとセバスチャン。
    そこは伝統という名の独自ルールに縛られた閉鎖世界。
    思うように動けないシエルは、学園を支配する四人の監督生に、あの手この手ですり寄ろうとするが!?

    いきなり始まった新章の学園編。ハリポタとマリみてを足したような感じで、正直最初は微妙~とか思ってたけど、結構面白くなってきた。
    ミカエリス先生似合いすぎてて笑う。おまけに先生でもこき使われてて哀れ。相変わらずの完璧っぷりだけど。
    サーカス編でしごかれたせいか、愛想笑いが板に付いてきたシエル君。
    密やかな生徒同士の蹴落とし合いに巻き込まれて、倍返しするあたりはさすが。下準備ほぼ全部セバスチャンだけどね!最後の恨みがましい目がすごいツボだった。
    あとリジーのお兄さんのエドワードは豪華客船でもかっこいいなと思ったけど、学園でもとてもまっすぐで好感持てる。この兄妹はいい。

  • なんかこれ11だと思って読んでて、前と繋がらないからなんでだろって思ってたんだけどそういうことかー。全寮制いいなあ

  • 寄宿学校編、真っ只中!

  • モデルにポーズ取らせといて
    全然違う絵を描くバイオレット。

  • 初期のテイストが戻ってきた感じで、その頃のストーリーが好きな私は楽しく読めた。
    ただただ登場人物が多いので、今の段階ではそれがちょっと辛いw 

  • 寄宿学校編。もうシエルが本当可愛すぎる。制服や小物も可愛いし見てて楽しいです。

  • シエルが可愛すぎてお腹いっぱい(๑ ❛ ڡ ❛ ㅅ)笑 セバスチャンもいつもながらお疲れ様ですw

  • 学園生活、何だかんだ言いつつ楽しそうでいいなぁ。
    イギリスの寄宿学校、憧れなので制服やらお茶会にときめく。いよいよ次でデリックと接触かな?

全74件中 1 - 10件を表示

枢やなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)に関連する談話室の質問

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒執事(15) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする