ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)

  • 398人登録
  • 3.95評価
    • (33)
    • (38)
    • (27)
    • (4)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 岩原裕二
  • スクウェア・エニックス (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757538665

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)の感想・レビュー・書評

  • SFでもミステリーができるんだな、と感じ入った次第。

  • 1~2感と変わったホラー風味のストーリーで、物語の自由度が最大限生かされている。謎を解き明かすミステリー的な雰囲気がありながらも、コイルが引き起こす怪奇現象という要素が加わることで謎の深さが増していて面白い。

  • さらに予想外の展開、にしてもなんなんだ?これ?よくわからなくなってきた

  • キョーマとアルの腐れ縁というか、そういう雰囲気がいいですな。
    過去に何があったのかというのが今後のキーポイントな気がする。
    前巻で触れたナンバーズというのもまぁ、よくわからないんだけどとりあえずヤバいものなんですねということがわかればお話的にはOKなんだと思う。
    なんというかこう複数のグループや組織がそれぞれの目的をもって一つのものに集約されていく物語が個人的に好きなんだと思う。

  • 異次元ー!
    幽霊異次元説キター
    ナンバーズは初期コイルだから制御がむずかしいのね
    閉じ込められた世界で永遠にいきるのは、つらい

  • なぜ唐突に幽霊?探偵?何したいのか

  • 2巻のコージィな感じから、新章はホラーチックなクローズド・ミステリに。
    ブレない面白さ。世界観の妙味を加えたSFミステリの構成が実に丁寧。
    ミラの存在が「地球美紗樹」っぽい「抜け」を作っていて、そのバランスも絶妙。
    幅広い層にお勧め出来る作品だと思う。

  • デニーズで読む。正直、ガンガンなので、馬鹿にしていました。素直に脱帽です。絵もいいです。そして、物語もいいです。

  • 安定の面白さ。
    伏線も貼りつつテンポもいい。
    次が待ち遠しい。

  • DARKER THAN BLACKのキャラクターデザインで知られている、岩原裕二さんの新作・『Dimention W』 3巻を読みました。
    相変わらず、インパクトの有る表紙です。
    枕元に置いていると、寝る時電気を消した瞬間、びくッとしますね。(^.^;

    作品は、SFテイストのミステリー。
    舞台背景は、以下の感じ。


    2051年、人類はコイルと呼ばれる発明品により、無尽蔵の新エネルギーを手に入れた。
    そして2072年現在──。腕利きの回収屋であるマブチ・キョーマは、とある依頼の最中に謎の美女と遭遇する。
    それは、新次元「W」の扉を開く運命の出会い…!
    (ディメンションW | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE)



    ニコラ・テスラのテスラコイルを元ネタに、独自の解釈をしたSFガジェットを使っているものの、お話はおもいっきりミステリーです。
    今回は、有名小説家の殺人事件という、まるで推理小説のノリですよ。
    そこに、どうコイルという謎の多いSFアイテムを絡めているかが、この作品の魅力になってくると思います。
    主人公は、超人的な力を持った「普通の人間」であるコイルの回収屋、マブチ・キョーマ。
    ヒロインは、人間に限りなく近い姿と心を持った少女型アンドロイドのミラ。
    最新科学の塊であるコイルの違法改造品を回収することを生業としているにもかかわらず、旧い時代のガソリン車に乗ったり、充電式のバッテリー携帯電話を使ったりと、コイル嫌いの変わり者であるキョーマと、謎の多いコイルの中でも、特別製のコイルをその身に宿したミラがコンビを組んで謎に迫るという展開が魅力。
    今回は、殺人事件がきっかけですが、その裏にはヤバいコイル絡みの謎が潜んでいそうな雰囲気がプンプンしています。
    コイルは、人間の心や時間にも干渉していそうな描写が見られ、その辺の謎がどう明かされるのか・・・・・・良いトコロで次巻に続きます。

  • 収録:File.16~File.23+ミニコーナー
    File.16/この世ならざるもの
    File.23/二つの世界
    ディメンションWの扉 第三回『アンドロイドとナノマシン』

  • 好きです好みです

  • 3巻まで読んで思ったのは、アンドロイドが出てくるSF的な設定は好みなんだがストーリーがなんだか地味すぎやしないか、ということ。絵も
    キャラもいい味を出してて好きっちゃ好きなんだがなんか物足りん感じ…。
    まあ、個人的にミステリー的なものがあんまり好きじゃないってのもあるんかな…?
    とりあえず危機的状況に陥ったミラが心配。

  • ちょっとホラーっぽくなってきた。

  • 今回はミステリ&ホラーテイストでさらに楽しめましたー。アクションは次の後編で!だそうなので、楽しみに待ってますー。

  • キャラが可愛い。

    ストーリーが面白い。

    言う事なし。

    近年稀に見る良SFだと思います。

  • 前巻の予告通り,殺人事件の続き.ショートエピソードと思いきや,ミステリ仕立てでがっつりな分量.今巻では完結せず.謎の幽霊をちょい出ししつつ,見るからに怪しい登場人物で周りを固め,さらにクローズドな環境を作るという,古典的な推理小説になぞらえつつも,コイルを巡るSF的な要素を違和感なく取り入れていて,そのギャップが面白い.早く解決編が読みたい.

  • SFやらミステリーやらを混ぜつつ、着実に話を広げていってる。映画好きなんだろうなぁ

  • [漫画] Dimension W 3巻:SFにミステリー要素も加わった一巻
    http://orecen.com/manga/dimension-w03/

全21件中 1 - 21件を表示

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)を本棚に登録しているひと

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)を本棚に「積読」で登録しているひと

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)はこんなマンガです

ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックス SUPER)のKindle版

ツイートする