クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

  • 1133人登録
  • 3.67評価
    • (55)
    • (101)
    • (92)
    • (17)
    • (6)
  • 65レビュー
著者 : 横槍メンゴ
  • スクウェア・エニックス (2013年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757538870

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 交際中のふたりは、実はお互い別の人が好きで、届かぬ思いをひさぐために契約的につきあっているカップルだった。「恋は結ばれなくちゃ意味がないのに!!」「くやしい。こんな些細な事で救われた気持ちになるなんて、それこそ救われないのになぁ」「寄り添ったっていいじゃないか、遂げてみせるよ、クズの本懐」など、けっこう下衆でクズな行動に、せつないモノローグが被さる。このモノローグにひかれてしまうのが、本作の魅力で、でも人間をみるときの落とし穴でもある。

  • 「人間自己愛しかない」という観点から見ると、クズとまで断定できないんですよね。
    例えば、友達が風邪をひいたとして、『早く良くなってね』と声をかけるのは当たり前の事ですが、これって、自分にとって都合が悪いから『早く良くなってね』と言っているようにも取れるんです。家族や仕事仲間なんかだと特に、体調を崩されると、本人のみならず自分自身も日常生活に支障が出ます。だから、他意はないのでしょうが、言葉には気を付けないといけません。
    で、自己愛を満たすためのモノとして、実際のモノ、例えばぬいぐるみやらダイヤモンドやら、そういったものならば問題無いのですが、人の心はそう簡単に貰えるものではありません。人間はそれぞれに自己愛があって、それを満たすために誘惑したり籠絡、懐柔したりして、所有欲を満たそうとします。物理的に支配するのではなく、あくまで目をこっちに向けさせる事が肝要です。
    そこで1巻。
    花火と麦は所謂セフレのような契約をします。
    「どちらかの恋が成就したら恋人関係は解消する」
    「お互いを好きにならない」
    「お互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れること」
    花火と麦は、実る可能性の低い恋に保険をかけているようなもので、これ自体はありがちなパターンです。この契約を結んだ時はまだ理性が保たれています。つまり、花火と麦の関係は、互いに独占欲を一時的に満たすための道具であることを承知したうえでの契約であり、自分ではどうしようもない感情を処理するための道具です。

    報われない恋
    切ない恋
    片想い
    それってそんなに美しい物ですか
    私はそうは思わない


    遂げてみせるよ
    クズの本懐

    この意味は何でしょうか?クズに突き進むのが本懐なのか、その逆か……。そもそもクズとは一体何を指すのか……。麦との恋愛を発展させるのか、それともお兄ちゃんとの恋を成就させるのか。ここではどんな結末を考えているのか、何とも言えません。
    続きが楽しみです。

  • 恋愛と承認欲求をこじらせた物語。
    好きじゃない人の好意ほど気持ち悪いものはない、って人と。
    人と好意を奪うことに快感を覚える、って人と。

    それぞれの感情的な欲求がある。
    面白い。

  • あんまり引き込まれないなぁ

  • 報われなくて切ない話。人の温もりを感じたくなる作品でした。

  • ウチの班の若い衆が語るのを聴き、アニメ経由で参りました。まだ物語が動き出す前、サービスカットの目立つ段階?

  • クズばかりで安心できる作品

  •   純愛片想い型恋愛マンガと称すべきか。成就しない恋に狂ってしまう様が容易に想起できる。
     嗚呼、こういうのは刺さる。だから好みだし、買ってしまいそう。

  • クズっていうほどのことではない気がする。
    微エロ

  • 「クズの本懐」
    フジテレビ 木曜24:55~
    キャスト:安済知佳、島﨑信長、戸松遥、井澤詩織、豊崎愛生
    公式HP:http://www.kuzunohonkai.com/
    Twitter:https://twitter.com/kuzunohonkai_tv

  • どんどん絵がきれいになっていくね
    7巻まで読んだ

    うーん、クズっぷり、というか壊れっぷり?承認欲求とこじらせと自己愛と…入り乱れて、しかもなかなか共感できるというか同意出来る部分もあるもんだから読んでいて痛い
    あ、そう痛いのなんか

    うっわあいたたたた(痛)
    っていう痛い、じゃなくて、何か、痛いの不思議

    好意が気持ち悪くてしょうがない場合もあれば
    気持ちよくて仕方ないこともあるので
    まあそれはそのひとに対する印象とこちらの気持ち次第でどうにでも変わるという(状況にもよって変わるしな…)めんどいときはめんどいけど、承認欲求満たしたい時ならたぶん気持ち悪くないという勝手
    それが過ぎればイラつくだけの存在になるってのは共通項

    (モテアピールではない、こじらせ)

    みんながみんな、クズ

  • みんな片想い。お互いが好きな相手の代替品って歪だけど、ただ想い人に好きになってほしいだけ。いまのところ、そこまでクズかなぁってレベル。

  • 自分のことしか考えていない、というのは
    クズなのだろうか。
    我々は元来そういうものなのではないか。
    花と麦のそれは少し回りくどいだけで。

  • 欲求、は美しくなくていいしおしゃれじゃなくていい。何が本能なのか?を静かに、素直に描くのと花火ちゃんの美少女ぶりに夢中。ひそかにハマる漫画。

  • イントロ、キャラクターの紹介巻。
    メイン2人、サブ4人(先生2人、モカ、えっちゃん)
    キャラクターかわいい。モカちゃんうひょー!

    番外編は続くのかしら

  • 6巻まで読了。最近、私の中のビッチランキング堂々一位に輝いたとある後輩・23歳女ってのがいるんだけど、そんなふうに男を侍らせて、そんでもってその戦歴を周りに吹聴する…な〜んて神経があまり理解できずにいましたが、茜のあれやこれやを読んで、なるほどこういうコトかと妙に納得。とても勉強になりましたし、来年1月からのアニメも結構楽しみです。

  • わかるわかるってなった
    承認欲求とか自我とかこじらせちゃった感じ

  • クズらしいクズが読めて良かった。

  • 品行方正な美男美女カップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びる花火と麦。
    理想的な男女交際に見える二人には、誰にも言えない“ある秘密”があった。

    表紙絵の雰囲気がすごく目を引いたのと、タイトルのインパクトがすごい。
    何がクズの本懐なのかと思ったけど、そういうことかー。
    互いが互いを代替え品として利用しているという関係は、なかなか歪んでいるなぁ。でもそうでもしないと抑えられない衝動というものは分からなくはない。
    これは最終的に本懐を遂げられるのか、途中でお互いに好意を持つのか…。
    とりあえず何も知らずに手に取ると、微エロな展開に驚かされた。

  • あーわかりすぎる。
    つらいよねー。
    好きな人に好きになってもらいたいだけなのにうまくいかないよねー。
    花火の気持ちわかりすぎるけど私には麦はいないからなー。
    そしてえっちゃんが私過ぎてつらい。

  • 今まで「本懐」の意味を履き違えていました。「本懐」もとから抱いている願い。本来の希望。本意。本望。by go●辞書
    絵が綺麗、女の子が特に可愛く描かれていると思った。ヒロイン・花火ちゃんの性格が清々しくて自分は好き。麦くんの気持ちも、ヒロイン・花火ちゃん視点で描かれているが、ちゃんと見えてくる。
    しかし・・・これはクズ?クズなのか??続巻が気になってきた。

  • 久々に漫画を読んで心にズシンときた。
    相手と近い関係にあるのに関わらず実らない片思いは、ここまであからさまではないものの、だんだん歪んでいくことが多いと思う。
    そのさまが良く描かれている。

    誰かを好きになって、でも上手くいかないときに何度でも手にとってしまいそうな作品。

全65件中 1 - 25件を表示

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする