クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

  • 1146人登録
  • 3.67評価
    • (55)
    • (103)
    • (94)
    • (17)
    • (6)
  • 69レビュー
著者 : 横槍メンゴ
  • スクウェア・エニックス (2013年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757538870

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 交際中のふたりは、実はお互い別の人が好きで、届かぬ思いをひさぐために契約的につきあっているカップルだった。「恋は結ばれなくちゃ意味がないのに!!」「くやしい。こんな些細な事で救われた気持ちになるなんて、それこそ救われないのになぁ」「寄り添ったっていいじゃないか、遂げてみせるよ、クズの本懐」など、けっこう下衆でクズな行動に、せつないモノローグが被さる。このモノローグにひかれてしまうのが、本作の魅力で、でも人間をみるときの落とし穴でもある。

  • 「人間自己愛しかない」という観点から見ると、クズとまで断定できないんですよね。
    例えば、友達が風邪をひいたとして、『早く良くなってね』と声をかけるのは当たり前の事ですが、これって、自分にとって都合が悪いから『早く良くなってね』と言っているようにも取れるんです。家族や仕事仲間なんかだと特に、体調を崩されると、本人のみならず自分自身も日常生活に支障が出ます。だから、他意はないのでしょうが、言葉には気を付けないといけません。
    で、自己愛を満たすためのモノとして、実際のモノ、例えばぬいぐるみやらダイヤモンドやら、そういったものならば問題無いのですが、人の心はそう簡単に貰えるものではありません。人間はそれぞれに自己愛があって、それを満たすために誘惑したり籠絡、懐柔したりして、所有欲を満たそうとします。物理的に支配するのではなく、あくまで目をこっちに向けさせる事が肝要です。
    そこで1巻。
    花火と麦は所謂セフレのような契約をします。
    「どちらかの恋が成就したら恋人関係は解消する」
    「お互いを好きにならない」
    「お互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れること」
    花火と麦は、実る可能性の低い恋に保険をかけているようなもので、これ自体はありがちなパターンです。この契約を結んだ時はまだ理性が保たれています。つまり、花火と麦の関係は、互いに独占欲を一時的に満たすための道具であることを承知したうえでの契約であり、自分ではどうしようもない感情を処理するための道具です。

    報われない恋
    切ない恋
    片想い
    それってそんなに美しい物ですか
    私はそうは思わない


    遂げてみせるよ
    クズの本懐

    この意味は何でしょうか?クズに突き進むのが本懐なのか、その逆か……。そもそもクズとは一体何を指すのか……。麦との恋愛を発展させるのか、それともお兄ちゃんとの恋を成就させるのか。ここではどんな結末を考えているのか、何とも言えません。
    続きが楽しみです。

  • 恋愛と承認欲求をこじらせた物語。
    好きじゃない人の好意ほど気持ち悪いものはない、って人と。
    人と好意を奪うことに快感を覚える、って人と。

    それぞれの感情的な欲求がある。
    面白い。

  • ちょっとイラッとする

  • 読み終わったー\(^o^)/
    高校生の恋愛物。エロティック純愛マンガ(´・ω・`)?



  • 26/Dec/2017 読了

  • 特に好きなキャラはいなかったが、心に突き刺さった作品だった。

  • あんまり引き込まれないなぁ

  • エロいい。

  • 報われなくて切ない話。人の温もりを感じたくなる作品でした。

全69件中 1 - 10件を表示

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)のその他の作品

横槍メンゴの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする