春になるとウズウズしちゃう (2) (ビッグガンガンコミックス)

  • 27人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤村歩実
  • スクウェア・エニックス (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757541160

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

春になるとウズウズしちゃう (2) (ビッグガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • やっぱり面白かった〜〜〜〜。
    ブラックでシュールな笑いが好きな人(JKの可愛さでグロさが中和されてますw)、
    りぼんの「ハイスコア」が好きな人なら、絶対ツボにハマると思います。笑

    それにしても、装丁お洒落すぎませんか。カワユイ。

  • もう、ホント、何なんだ、この面白さは!!?
    笑いすぎてゲロっちまいそうだ
    相変わらずの、個性豊かで情緒不安定なJKらが提供してくれる笑いは、アブノーマルで安定感に見ていて、最初から最後まで一種の安心感を持って一気読みできました
    やっぱり、四コマ漫画ってのは人目を憚り、笑いを噛み殺しながら読まなきゃならないような内容の方が、グッと面白くなるんですかね?
    自分で言うのも何ですが、結構な数の四コマ漫画を読んできて、息が出来なくなるほど笑ってしまったのはこれも含めて、片手で数えられるくらい。しかも、どれも彼も、下ネタあり
    エロあり、グロあり、ブラックユーモアあり、百合あり、のチャンポンごちゃ混ぜの、シュールをヴっちぎりで置いていく、多岐に渡ったネタが満杯ですが、内容を総合的に一言で言うなら、世の中の男の甘ったるいJKに対する幻想をブチ壊す、無慈悲に!!って感じですね。伝わるか微妙な個人的なイメージで申し訳ないんですが、仮面ライダーキバ(ドッガフォーム)の必殺技であるドッガ・サンダースラップを連想させます
    ボディ、特に肝臓への笑撃度が尋常じゃないです
    帯にもある通り、ホント、天才とバカは紙一重。作者を指しているのか、キャラ達を指しているのか、または両方なのか、定かじゃありませんが、世の中、突き抜けた者勝ちです
    これと言って、好きなキャラはいない、決められないのですが、岡田さんはイイ物を持ってそうかな、と感じます
    あと、今巻では何よりも、第29話に度肝をケツ穴から引っこ抜かれた
    どこがどう凄いか、は皆さんの目で確認して貰いたいですが、一つ言わせて貰うなら、〆切は守らなきゃ痛い目を見る、これっきりにして下さいね、藤村先生
    アニメ化して欲しい四コマ漫画だけど、内容的に無理だろうな
    しゃーない、もう一回、笑い転がろう

全2件中 1 - 2件を表示

春になるとウズウズしちゃう (2) (ビッグガンガンコミックス)はこんなマンガです

春になるとウズウズしちゃう (2) (ビッグガンガンコミックス)のKindle版

ツイートする