かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 732人登録
  • 4.08評価
    • (66)
    • (57)
    • (34)
    • (5)
    • (3)
  • 40レビュー
著者 : 藤原ここあ
  • スクウェア・エニックス (2014年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757543607

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いぬぼくのコメディーパートを凝縮した感じ。さくさく読める4コマテイスト。
    相変わらずヒロインがぷにぷにキュートです。

  • ※このレビューでは全3巻を纏めて扱っています。
    ※性表現の含まれる作品です。

    【印象】
    悪の参謀が薄幸の魔法少女に一目惚れするところからドン。
    永遠の非日常的日常。

    【類別】
    漫画。主に四齣。
    コメディ、ロマンス、ファンタジー。

    【筋】
    立場上結ばれてはならない、ほんわかタイプの世界構築。あるいは結ばれずに続けてゆく方法。

    【画】
    人物偏重。

    【備考】
    作者の都合により、内容としては未完ですが作品としては完結となっています。

  • 白夜ちゃんは100点。ベラトリックスさんもかわいいな。

  •  いぬぼくが終わって、腑抜けたようになっていた私に、友達が貸してくれた本。

     個人的には、もうこの続きは出ないんだなあ……って思うと、感慨深かったり切なかったり、いろいろするんですが、とりあえず与えられたものはおいしく頂かせていただく主義なので、読んでみた。

     ………………(萌)。

     開始3ページ目くらいでノックアウトされました!!

     というか、ですねー。
     この話の感想を2人に聞いたら、「よかった」と「イマイチ」と真っ二つに分かれたんですよ。
     なので、相当うがった見た方をして読み始めたみたんですけど……。

     やばい、めっちゃ好み……。

     というか、なんでこの魔法少女はこんなにかわいいんですか!!
     そして、なんでこん魔法の手下はこんなにバカなんですかあああああああ(絶叫)

     基本ですね。
     恋に溺れて頭が悪くなってる人、大好きなんですよぉぉぉぉぉぉ!
     くっそ! くっそ!!

     あぁ、やっぱり好きなものは好きなんだなあ……としみじみさせられました。

  • ほのぼのとしたラブコメディ。癒されました〜。

  • 2巻まで読了。めっちゃ癒された…。

  • 2巻まで読んだ。
    今の気分にぴったりの漫画。

    藤原ここあさんは正直ストーリーを作るのが上手だと思わないので、
    こういう軽くてストーリーがあるんだかないんだかわからないような漫画を描くのが向いていると思う。

  • 「いぬぼく」の悪ノリ感を凝縮した感じ。相変わらず少女キャラがくっそ可愛くてこれは誰でも一目ぼれますよええ、って感じの。ずるい。

  • 白夜も参謀さんもかわいいし、御使いさん、おいしすぎか!

  • あーこれは、
    きゅんきゅんする...///

全40件中 1 - 10件を表示

藤原ここあの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)に関連する談話室の質問

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「積読」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする