かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 723人登録
  • 4.08評価
    • (66)
    • (57)
    • (34)
    • (5)
    • (3)
  • 40レビュー
著者 : 藤原ここあ
  • スクウェア・エニックス (2014年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757543607

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

  • いぬぼくのコメディーパートを凝縮した感じ。さくさく読める4コマテイスト。
    相変わらずヒロインがぷにぷにキュートです。

  • ※このレビューでは全3巻を纏めて扱っています。
    ※性表現の含まれる作品です。

    【印象】
    悪の参謀が薄幸の魔法少女に一目惚れするところからドン。
    永遠の非日常的日常。

    【類別】
    漫画。主に四齣。
    コメディ、ロマンス、ファンタジー。

    【筋】
    立場上結ばれてはならない、ほんわかタイプの世界構築。あるいは結ばれずに続けてゆく方法。

    【画】
    人物偏重。

    【備考】
    作者の都合により、内容としては未完ですが作品としては完結となっています。

  • 白夜ちゃんは100点。ベラトリックスさんもかわいいな。

  •  いぬぼくが終わって、腑抜けたようになっていた私に、友達が貸してくれた本。

     個人的には、もうこの続きは出ないんだなあ……って思うと、感慨深かったり切なかったり、いろいろするんですが、とりあえず与えられたものはおいしく頂かせていただく主義なので、読んでみた。

     ………………(萌)。

     開始3ページ目くらいでノックアウトされました!!

     というか、ですねー。
     この話の感想を2人に聞いたら、「よかった」と「イマイチ」と真っ二つに分かれたんですよ。
     なので、相当うがった見た方をして読み始めたみたんですけど……。

     やばい、めっちゃ好み……。

     というか、なんでこの魔法少女はこんなにかわいいんですか!!
     そして、なんでこん魔法の手下はこんなにバカなんですかあああああああ(絶叫)

     基本ですね。
     恋に溺れて頭が悪くなってる人、大好きなんですよぉぉぉぉぉぉ!
     くっそ! くっそ!!

     あぁ、やっぱり好きなものは好きなんだなあ……としみじみさせられました。

  • ほのぼのとしたラブコメディ。癒されました〜。

  • 2巻まで読了。めっちゃ癒された…。

  • 2巻まで読んだ。
    今の気分にぴったりの漫画。

    藤原ここあさんは正直ストーリーを作るのが上手だと思わないので、
    こういう軽くてストーリーがあるんだかないんだかわからないような漫画を描くのが向いていると思う。

  • 「いぬぼく」の悪ノリ感を凝縮した感じ。相変わらず少女キャラがくっそ可愛くてこれは誰でも一目ぼれますよええ、って感じの。ずるい。

  • 白夜も参謀さんもかわいいし、御使いさん、おいしすぎか!

  • あーこれは、
    きゅんきゅんする...///

  • 参謀さんが見た目から中身まで好みすぎる。そして藤原ここあ先生が描く女の子はなんでこんなに可愛らしいんだろう!参謀さんの眼鏡が割れるのも納得・・・!最後まで参謀さんが白夜に萌えっぱなしで終わるかと思いきや、最後の雷のくだりはとても良かった。悪の組織から見れば敵対しているという設定だから、どうなるか予想できない二人の今後が気になる。

  • これはよい眼鏡だ。

  • 過去形。
    名前出さずに進めるのはムリかー。

  • イケメンと美少女の顔イラストとやりとりを楽しむ漫画。その2点に関してはほぼ満点と言えるので、好みと合致する人にはこの上なくストライクな作品だろう。話自体はあってないようなものだから非常にゆるく読める。
    逆に言えば、物語性がなくて、4コマ漫画のせいで全身の絵が少ないあたりが不満点。

  • 藤原先生の書くヒロインは文句なしに可愛い!
    そして男子、文句なしにカッコいい上にメガネ、そして参謀。
    ハイスペックなのにヒロインに甘すぎる参謀がまたいい。
    いぬぼくと違って、ちょっとエロスの要素もありますが、ほのぼのと楽しめます。

  • 敵対する相手に一目惚れすることってあるかもですよねー。
    この作品、楽しく笑って読んで下さい。
    ちょっとしたロミオとジュリエット?
    でも、悪の参謀くんの方の片思いかな^^

  •  煩悩とわかりやすさ、優先!? 
     基本的には『いぬぼく』のコメディパートを想起してくれればいいかと思います。
     表紙からわかる魔法少女のコスチュームは作者が正しく己の欲望に素直になった結果と言っていいでしょう。
     下品になり過ぎない程度にサービスカットがふんだんに盛り込まれています。

     流れ自体は魔法少女自体は結構想いを表に出さないけなげさをもって、メガネクール系な悪の参謀を図らずも悩殺していく、みたいなわかりやすさです。
     組織内での立ち位置と、等身大の乙女に触れる恋心の間に揺れる参謀の二重生活が見所でしょうか。

     あざとさとコメディチックな純情の合わせ技は。まさしく少女漫画と少年漫画の半ばを行くガンガンの正道を歩む作品であると私は思います。
     惜しいところは分量の少なさですね。基本四コマで進む一方、一頁一本なので柔らかい女体の線を堪能できる反面、物足りなさを感じてしまいます。
     
     一巻では殆どが顔見せに終わった他の六幹部(星繋がりですね)、がどう動くか気になるところ。中年が中年らしく描かれていれば次以降ポイント高いです。
     あとは魔法少女の危機が危機と全く感じられないけど、やっぱり危機なラストからどう繋がるのか、引きはそんな感じですね。
     
     本当に力を抜いて書かれているなと思うので、次巻で最終巻になっていても驚かない一方、だらだらずっと続いていても不思議ではないような感触もあります。
     とにかく、読者もあまり考えずゆったり楽しむが吉でしょう。

  • ジワジワ笑える。参謀さんが可愛くてたまらん。初恋の高校生か!!ってかんじ。

  • 前作に比べれば色々ゆるいし、ちょっとワンパターンであれかなーと思ってたけど、そのうち中毒になってた。

  • 絵が好きなので購入。4コマ漫画がいくつもつながりお話を構成しているような作りで飽きない。2もきっと買う。

  • 面白かったです✨
    魔法少女の白夜ちゃんかわいい!!髪の毛に小さい星がついてるのかわいい!!←細かい
    悪の参謀さんの己に打ち勝てない葛藤ストーリーです(笑)
    でも打ち勝てなくて正しいと思います!!

    魔法少女とか現実離れした設定なのに、白夜ちゃんが魔法少女とバイトを掛け持ちしてるとか、ボロいアパートに住んでるとか御使いの猫が悪どいとか、(かなり過酷めの)現実感が散らばっていて、それも面白いです。
    参謀さんには白夜ちゃんを是非とも守っていただきたいです!猫から(笑)

    フォーマルハウト絡みの「という事にしました」シリーズが好きです♥

  • 尼でわりと酷評だったので恐る恐る読んだけど、初期の狼さんが好きな人にはわりとすんなり行けると思う。
    この作者さんは設定や舞台背景はニュアンス程度に、人物を萌えな外見と内面のコンプレックスで繊細かつコミカルに描く作風だと思うので、あくまでキャラ萌えでほっこり読めばいいんじゃないかな!

  • 悪の参謀さんと薄幸魔法少女。参謀さんの気持ちわかるよ。もう扶養してしまえばいいよ。御使いでかっ!魔法少女だまされてるで…

全40件中 1 - 25件を表示

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)に関連する談話室の質問

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする