月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)

  • 876人登録
  • 4.28評価
    • (89)
    • (75)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 椿いづみ
  • スクウェア・エニックス (2016年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757548701

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)の感想・レビュー・書評

  • 毎月無料で読めるので「コミック買わなくていいじゃん」と思われそうですが、コミックにはオマケマンガが載っています。
    「ファンサービスが凄いなあ」と感心しますが、本編とオマケが噛み合っていない(オマケは時期的に違うのか?)時があるので混乱することがあります。

    「男子達が乙女ゲームをする回」が読者ランキング一位だった記念に「シークレットDays」のプロモーション動画を見たら、あまりにも凝っていた&長かったのでツッコミを入れながら楽しみました。
    乙女ゲーム回は私も好きでした。

    女子高生の千代は、片想いの相手・野崎に告白をする。
    野崎は少女マンガ家だったので、千代をファンだと勘違いしてしまう。
    以前から野崎は美術部に所属している千代の技術に目を付けていて、気が付けば千代はマンガのアシスタントになっていた。

    野崎くんは少女マンガを描いているのに恋愛には疎く、千代の気持ちに全く気付きません。
    絵柄は正統派少女マンガですが、発想が斜め上なので編集者の剣さんはかなり苦労しているようです。
    千代は何度もアタックしますが、失敗に終わります。
    今のところ二人が恋人同士になる気配はありませんが、一緒にいる時間は長いし、不意打ちのハグ等のご褒美があるので悪くない関係だと思います。

    当作は四コママンガで、1ページに付き一本なので、一般的な四コマに比べて横長です。
    絵は「親ロマ」の頃と比べて上手になっています。
    「少女マンガあるある系」のネタは、「さすがは本職さんだ」と思いました。
    正直な話、編集者さん同士のネタは興味が全く湧きませんでした。
    四コマは多くのネタが必要なので仕方ありませんが、自作の「ネタ被り」が結構あります。
    瀬尾ちゃんは「声楽部のローレライ」と呼ばれていますが、「親ロマ」にも「ローレライ」の異名を持つキャラクターがいましたよね。
    他にも「男のコのように見えるけど実は女のコ」とか「小柄でバイオレンスな先輩」とか。
    面白いからいいですけど。

    主人公は野崎くんなのかしら。
    彼の仕事を手伝うアシスタント達のやり取りや作品のネタ集めがメインです。
    マンガ関係ネタも面白いですが、堀先輩と鹿島くん、瀬尾ちゃんと若松くんの恋愛関係になりそうでならない組み合わせのネタも好きです。
    当作で一番好きなキャラクターはみこりんですが、彼は二次元美少女しか興味がないので現実で彼女が出来そうにありません。
    残念なイケメンだよなあ。
    しかも、「真由(男)がいるじゃない」と一部のファンに思われているようですし。

    8巻の興味深いネタは「みこりんと若松くんが仕事場で鉢合わせ」「瀬尾兄と若松くんご対面」ですかね。
    アシスタントの件に関しては、オタクということを隠したがっているみこりんの事情は分かるのよね。
    堀ちゃんがみこりんにアシスタントのことを隠しているのは、「みこりん経由で鹿島くんにバレたら仕事にならない」と警戒しているからでした。
    若松くんがみこりんに隠す理由はないよね。
    「野崎くんの家に偶然アシ男子三人が集まった回」で、無意識にテーブルに仕事用具を出してしまった時に若松くんも隠していたから「何で?」と思ったんだわ。

  • 瀬尾兄と若の空回りっぷりが面白かったです。若は一体いつのなったらローレライさんの正体に気が付くのだろうか…。
    あとブランデーケーキで酔っ払った堀先輩の可愛いこと。
    これだけ巻数を重ねても飽きない面白さ、すごいです。

  • 17.07.01購入◇7巻以外所持

  • 今回も何度も吹き出すほど笑ったー
    瀬尾兄妹の関係も面白すぎだし、若はいつ勘違いに気付くんだろう(笑)
    鹿島くん、堀先輩へのアピールまで潔くて男前すぎる。
    みこりんは相変わらずの残念イケメンっぷりでした。

  • コミックス書き下ろしの話が好き。
    鹿島が餌付けをする話、酔った堀が予想外のかわいらしさでびっくりした。

  • 漫画アシを秘密にしていた御子柴だったが、ついに若松にバレてしまって…! 一方若松も結月の兄・遼介と初対面! 心理戦の結末は!?
    野崎の妹、夢子が初登場する番外編も加わってラブ&ギャグが沸騰する少女漫画家男子コメディー第8巻。

    そういえばアシメンバー揃って作業してるシーンないなと思っていたら、お互いに知らなかったという意外性。そうか、知らなかったのか…。
    結月ちゃんにお兄ちゃんいたんかい、とか思いつつ鹿島くんやら若松とのすれ違ったやり取りに笑っていたら、どうやらタヌキ描かされている都さんに片思いのあの人だったらしく、予想外の繋がりに驚いた。
    図書館の手紙のやり取りがすごい面白かった。みこりんダメだしすごい(笑)
    書き下ろしの話は意外だった。野崎君四巻も単行本出してる設定なのに、柱の書き方知らないとかどういうことなの…。突っ込みどころしかなかった。
    そして最後の番外編。弟は知ってた。妹までいるとは思わなかったよ。

  •  相変わらず、高レベルのコメディマンガ。展開の外し方というか、賺し方が見事すぎて…。

    アニメーション版第2期、見たいなぁ…。そろそろストックが貯まってきたようにも見えるので、行けそうに思うんだが…。

  • 伝達下手と勘違いマンが多すぎる所為で、盛大にすれ違ってるけど特に大問題にならないあたりが本当に面白くて好き…。
    千代ちゃんの「野崎くんが好き」設定たまに忘れそうになるけど、8巻良かったね!ってなったから今後も楽しみです。

  • 図書館の本を使っての文通とは面白すぎる。
    そして、またまた結月の兄ちゃん登場!
    勘違いの嵐~(≧▽≦)

  • 変わらないノリで楽しい。
    御子柴の残念なイケメンっぷりが際立っていて苦笑。
    野崎の無意識で千代を意識している所が可愛い。

  • 第71〜79話+「野崎家」収録。
    どの話も面白くて噴き出した、やっぱりこの漫画家さんはギャグに特化した方が合っていると思う。あと、千代は野崎を誰かに取られると心配しているが、ライバル出来ることはまずないから安心して大丈夫だと思う(笑)今回特に印象深かったのは、遼介のバイト先の助っ人に鹿島くんがやってきた騒動と、鹿島くんが堀先輩と仲良くするため手作りケーキ渡す話かな。遼介良い人なのに何故こんな被害を(笑)ケーキ食べさせるための鹿島くんの努力よ……色々間違っている。そしてその結果の堀先輩、すごく可愛かったです。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ツ/8 
    【資料ID】 1001012773 

  • みこりんと鹿島くんの話が良かった。あと酔っ払った堀先輩と鹿島くんの2人が可愛すぎて困った(笑)瀬尾兄妹と若の話も良かったな。爆笑とキュンキュンさせてもらった。

  • 最下層ワーク扱いされたり、妹に信じてもらえなかったりと苦労している野崎くんであった…。全体的にクスッと笑える内容。

  • タヌキの引きの強いこと(笑)真由くん、お兄さんから教わった合コンの最終奥義を繰り出した←間違ったシーンで!!まぁ、みこりんだからいいか。うん、いいよね。。。

  • 演劇部がたいへん美味しい巻でした。

  • 鹿島くんと結月の話が多くてよかったです^^*

    みんなかわいい!

  • 例によって覆面少女漫画家高校生野崎くんをめぐる個性溢れる人たちの物語。花担当アシスタントであることを隠していた御子柴だったが、今回ついにトーン担当の若松にその存在を知られ、お互い探り合いながら結局オタク趣味で意気投合しそうな予感。一方、苦手なのに瀬尾結月に気に入られている若松は、結月の兄遼介に二人は両想いだと誤解されることに。また、野崎くんの弟真由に加え、番外編ではあるが妹夢子も初登場。漫画「恋しよっ♡」の大ファンだがその作者が自分の兄だということを知らない(というか冗談として流している)。これからスタメン入りか?

  • 鹿島はみんなから愛されてた。瀬尾兄と若の勘違い合戦。公認カップルへ待った無し。柱についての知識が増えて勉強になる(?)4コマだった。

  • 微笑ましい人間模様のお花畑に癒される。

  • 相変わらずの8巻。
    だがそれがいい。
    全体的に疑心暗鬼な話が多かった気がするが、その分千代ちゃんの百面相たっぷりだったのでとてもよかった。
    千代ちゃんかわいいよ千代ちゃん。

  • 4コマの爆笑物。


    少女マンガ家現役高校生『野崎梅太郎』。
    『佐倉千代』は野崎が好きなんだけど、彼専属のベタ担当に。
    いくら告白しようとし手も上手くいかず。
    少女漫画家の手伝い兼ヒロインベース『御子柴実琴』。
    花、効果担当。
    背景担当はいっこ上の『堀政行』は、演劇部部長。
    その演劇部の『鹿島君』は学園の王子。歌が下手。
    けれど女性である。千代の友達。
    『瀬尾結月』は声楽部のローレライと言われる程の歌が上手。
    だが、素行不良。これも千代の友達。
    その瀬尾にガンガン押し付けられてデートをするのは野崎の後輩『若松博隆』。良いんだか悪いんだか。
    新キャラ。野崎の弟真由。面倒くさがり。表情も変わらず。
    ケータイの電源切れるまでみこりんとメールの応酬。
    餌付けされる佐倉に、担当替えを怖がる漫画家。
    なんでもアリなトンデモ展開の4コマって、これ最強。

    みこりんの鹿島くんとの彼女ごっこ。
    結月と若のコンビはいつ見ても笑えます。
    堀先輩の鹿島くんの過保護っぷりも助長され…

    なんでここまで行けるかなぁ?
    私的にとても、とても好きな作品です。
    ちょっと立て込みつつあるんだけど、すげー笑える。
    もぉ、かってにキャラ動き過ぎ。
    絶対ドリンク飲みながら読んじゃダメ!
    4巻末には各種設定が載ってます。

    鹿島くんバイトで、非常に可愛がられてます。
    若の立ち位置が祐月の手下って・・・
    鹿島くん、可愛られすぎです。
    バイト先ではなく、演劇部で(^^;)

  • 瀬尾兄妹が好き。

全56件中 1 - 25件を表示

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に登録しているひと

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に「積読」で登録しているひと

月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)のKindle版

ツイートする