黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)

  • 653人登録
  • 3.99評価
    • (33)
    • (52)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 枢やな
  • スクウェア・エニックス (2016年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757549975

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単なるコミックと侮れない。
    ミュージカル風なおふざけ?はあるけど、
    全体的に時代考証がきっちりしているところが良い。
    第一次世界大戦に繋がる時代の雰囲気、出てきました。
    今回は輸血!
    あ~こういうところも押さえているのかと、感心。
    というか、科学の考証、うまく取り入れています。
    元監督生の4人組再登場!占星術師の謎?
    実はバイオレット先輩が鍵?
    やはり続きが楽しみ・・・それこそ魔術!?

  • ロンドンで大流行のミュージカル・ホールにカルト教団の疑いがかかる。
    ホールに潜入したセバスチャンとシエルは、名門寄宿学校を追われた元監督生と、飄々とした占い師・ブラバットと出会う。
    ブラバットはセバスチャンを一目見た瞬間、その正体を言い当てて…!?
    新章「青の教団編」スタート!

    サリヴァンの話も終わって新章突入。まさかの寄宿学校の監督生達が再登場でびっくり。明らかに怪しげなパーティーだなと思ってたらリジーが見事に取り込まれてしまってさらにびっくり。
    久しぶりにリジーヒロイン展開ですね、嬉しい。
    新キャラブラバットは底が知れなくて胡散臭さがすごいんだけど、それ以上にこの巻はもう、突然歌い出した監督生たちに全部持って行かれた。
    どうしたのいきなり、完全にうたプリとかそっち系に走っちゃったの!?ってくらいの衝撃。そりゃあシエルも戸惑うよ。
    実はこれ血液型じゃね、とか色々シリアスなとこあるんだけど、やっぱりあのライブで全部吹き飛ぶわ。

  • 新章スタート。
    何ともツッコミ所満載のパロディと、
    オカルトチックなダークな雰囲気のバランスが絶妙。ブ

    ラバットは果たしてシエルにとって敵となるのか?
    リジーもどうなってしまうのか気になるところ。

  • スターライト4www
    やめてwww私のライフはもうゼロよwww
    ゲラゲラ笑った何あれ…!
    しかしながら裏では動きがきな臭い。
    リジー奪還、頑張れ坊っちゃん!

  • すごいなぁ。黒執事は毎回、とても深い面白さがあるよね!

  • ダンスを踊るセバスチャンが衝撃的すぎる

  • 表紙のブラバットさん、見た目もキャラも結構好みです。今後どうキラキラしてくれるのか楽しみ。そしてこれはうたプリだっけ? P4のアイドル化には笑うしかない。サリヴァンちゃんの再登場は嬉しい。あと、セバスの慌て様は可愛かった。ありがとう。

  • 宗教会編が始まりましたが、学園編の四人組が出てきたと思ったらうたプリが始まりました。
    リジーが巻き込まれたのが非常に不安。
    こういう勧誘は人の弱味や悩みにつけこんでくるからね。
    でもバイオレット裏切りフラグ立ってるし、大丈夫かな。
    そのままバイオレットが仲間になったらいいのに

  • 新章がスタートしました。はたして占い師は何者なのかがカギを握ると感じます。
    エリザベスは眠らせているシエルと対面しますが、はたして本物のシエルなのかが気になります。
    そろそろ終わりが見えてきたかな......。

  • 新章突入。shining starで盛大に笑わせてもらいました。これ絶対イベントとかでやるやろ!と思ったら寄宿学校編はアニメ化されてなかったか。

全32件中 1 - 10件を表示

枢やなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)に関連する談話室の質問

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする