悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 14人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉辺あくろ
  • スクウェア・エニックス (2016年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757550186

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

  • むぅ、残念
    この『悪魔も踏むを恐れるところ』も、この巻で終わっちゃうのか、しかも、妙に中途半端な感じで
    最近、多いなぁ
    でも、先生自身が「まだ描きたかった」って無念さを抱えた上で、読み手が納得して受け入れられるラストを、と考えて描いてくれたのか、ラストはそう悪くない
    犬山vsマカロン先生の魔術勝負に加え、アイニーvsアミーの姉妹対決も滾った
    まさか、犬山があんな勝ち方をするとは思ってなかったが、これはこれで、変則的なファンタジーバトルありきの『悪魔も踏むを恐れるところ』らしい。触手の恐ろしさと言ったらない
    アイニーの秘密、そして、本来の実力も、少年漫画らしい設定
    姉妹の絆が戻っただけでなく、アイニーとベリトの主従関係の誤解も解けたのも、喜ばしい限り
    次回作を楽しみに待ちながら、代表作の『絶対霊域』を読んでみよう、と思っている
    個人的にお勧めの話は、最終夜「灯されし未来」・・・ではなく、番外夜「そして、少し先の物語」・・・・・・でもなくて、カバー裏。クールで食いしん嬢キャラの美女が、修飾されまくりだが、一切の偽りがない、心からの美辞麗句に頬を赤らめる、反則的な可愛さだろう
    この台詞を引用に選んだのは、四コマ漫画だからこその深さを感じたから。言っている事自体は、ごくごく普通。でも、概ね正しい。実力がある人間なら、両立しても大成する。だが、世の中、そう上手くいかない。なら、一つの事に専念して、それが形になってから、次のやるべき事に取りかかるべきだ。それを繰り返していけば、勝手に同時進行が出来るだけの地力が出来上がっている筈だ

  • 終わってしまったなぁ
    次作も期待

    アイニー最後めっさかわいい

全2件中 1 - 2件を表示

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に登録しているひと

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)はこんなマンガです

悪魔も踏むを恐れるところ(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする