久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : もすこ
  • スクウェア・エニックス (2017年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757552234

久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SE作品で、『ホリミヤ』、『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』や、『俺の彼女になにかようかい?』と言ったラブコメに押し退けられちゃっている感はあるにしろ、この『久住くん、空気読めてますか?』も、結構、読み手のハートを掴む作品だよな、と実感中
    先に結論を言っちゃうと、この(4)で、ヒロイン・えりかはやらかしてしまっている
    好きな相手の前だとテンパり、思ってもない事を言っちゃうのはお約束。しかし、これはちょっとマズいレベル
    それだけに、次巻で、えりかと久住の間に出来てしまった、この溝がどう埋まり、反動で接近するのか、が実に楽しみ
    青春ってのは、良くも悪くも儘らないもの。勉強や運動のように努力したからと言って、分かりやすく自分の望む結果が出てくれるモノじゃなく、時に思ってもいなかった展開になる事がしょっちゅうだ
    思い通りに行かないからこそ、人は誰かを好きになり、その人に振り向いてもらいたくて、いくらでも頑張れちゃう。コケようが、好意を突き返されようが、諦めなければシアイは終わらない
    その手の甘酸っぱい健闘が存分に詰まっていてこその、青春ラブコメ。悪魔や妖怪がヒロインでない分、その手の現実感はかなり重要になってくる
    そういう意味でも、この作品はポイントがしっかり押さえられており、登場人物らの心情に共調しやすく、彼らの普通だけど特別がちりばめられている日常を愛おしい気持ちで眺め、恋路にエールを送りたくなる
    この(4)では、久住とえりかだけでなく、祐子と榛名の仲にも変化が生じており、個人的には小さくガッツポーズを繰り返したい
    鈍感なのに、ふとしたタイミングで女心を鋭く突いてくる榛名に、特別な感情を意識し始めちゃっている祐子、実にカワイイ
    果たして、久住に負けない、いや、自分の恋愛となると更に無頓着な榛名に、祐子は自分の事を、しっかり、一人の女の子である、と意識させ、自分の気持ちをぶつける事が出来るんだろうか
    この点も(5)で楽しみにしている
    この台詞を引用に選んだのは、榛名のカッコ良さが出ているからだ。先にも記しているが、こういう風に不意打ち気味で、女の子をドキッとさせられるのはズルいなぁ。類は友を呼ぶとは、よく言ったもんで、祐子もえりかに劣らず、難しい相手にホレちまったようだ。それもまた、青春だ

全1件中 1 - 1件を表示

もすこの作品

久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)はこんなマンガです

久住くん、空気読めてますか?(4) (ガンガンコミックスJOKER)のKindle版

ツイートする