私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)

  • 57人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 井上浩一
  • 和泉書院 (2012年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757606227

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブログ「読書猿Classic」で好意的に紹介されていたので手にとってみた。

    「今卒論を書いている人には残酷すぎて推奨できない素晴らしい本と自分のために書かれた訳ではないテキストを攻略する読解の3ステップ
    http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-633.html

    うん、面白い。
    個人的にはもう私自身が歴史学の研究をする可能性も卒論を書く可能性も、ゼロではないがほぼないと思う。
    それでも、「自分のために書かれたわけではないテキストを攻略する方法」という箇所に心をひかれた。
    読みたいテキストが読める許容量の何倍何十倍何百倍とある中、少しでも「あ、これは私向けのコンテンツではないな」と感じると読むことをやめたりあきらめることが増えている。
    それが現実解だとしても、自分という畑がやせ細っていくような焦りを感じていた。内田樹さんの表現を借りると、一問一答のようなすぐに答えがでるような雑学・豆知識ばかり増えて、知的好奇心や教養の源がすり減っている状態だ。
    そんな私にはオアシスのように輝いて見えた(読めた)。
    事前には手に取るきっかけとなった、事後には本書の意義を再確認するきっかけとなった、同ブログの紹介文を引用しておく。

    〔引用ここから〕
     さて、いわゆる古典が読みづらいのは、あなたのために書かれたものではないからだ。
     
     プラトンはあなたのことなど何も知らない。
     デカルトはあなたを読者として想定していない。
     古典を読むことは、あなた宛でない手紙を盗み見るようなものだ。
     彼らの書いたものは、あなたの知らないことを前提とし、あなたが共有しない文脈(コンテクスト)に基づいている。

     だから読みにくい。
     
     しかし古典を読むことで得られるご利益もまた、同じところに存する。
     

     あなたのために(ボキャブラリーを調整し、あなたが知らなそうなことはできるかぎり説明し、込み入った話を噛み砕いて)書かれたものは、うまくいけば、あなたを面白がらせ、時には知らなかったことを教えてくれもする。
     だが、それだけだ。
     あなたのために書かれたものは、滋養になる場合であっても、あなたを太らせてはくれるが鍛えてはくれない。
     
     
     自分のために書かれた訳ではないものを読むとはどういうことか?
     取り付くところが見えない絶壁を、欠落や破綻を補完しつつ、むしろ手がかりにしてよじ登ること。
     相手を引き寄せるためにかけたロープをたぐりながら、自身をより高く引き上げること。
     そして最後には、書き手すら気付かなかった宝を掘り出すこと。
    〔引用ここまで〕

全1件中 1 - 1件を表示

井上浩一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジェイムズ・P・...
ジョン・ロールズ
戸田山 和久
J・モーティマー...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)の作品紹介

教授(著者)と学生(読者)がバーチャルに出会う仮想大学が開校されました。誰でも今すぐ入学できます。仮想大学は臨場感あふれる授業を提供し、学生諸君を厳しくも楽しい学問の世界へと導きます。本書を手にとったあなた、さあ、仮想大学で学び、西洋史研究に出発しましょう。

私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)はこんな本です

ツイートする