ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 桜庭一樹
制作 : 平岩 洋司 
  • エンターブレイン (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757714601

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • えええ~~っ!!!こんな、あっけなく終わっちゃうのぉぉ~~!!!もっと読みたかったのにぃぃ~~!!!

全1件中 1 - 1件を表示

桜庭一樹の作品

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)の作品紹介

封神暦128年、オールド大陸。敵軍ゼノンとの戦争の最中、ラディアの軍神・レアは6代目国王に密から命じられ、伝説の封印の謎を解くべく、エルフの森へ旅立った。長老から授かった炎をたよりに封印の地へ赴くが-。それから2年後、軍に戻ったレアは"戦場を駆ける一陣の風"と噂されるツワモノに成長したウェレスと7代目国王アルフィルドに再会。ラディアの血筋は封印の力を解き明かす能力があると洩らすのだが…。幻想世界ネバーランドを舞台にした「ジェネレーションオブカオス」シリーズ最新作ノベライズ。

ジェネレーション・オブ・カオス〈3〉時の封印 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする