EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)

  • 30人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桜庭一樹
制作 : シーズウェア 
  • エンターブレイン (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757715479

EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 事件が起こり・・・終わった。いつもの日常に戻る怖さと刺激、ルーティン。その綺羅星はいつも輝いているわけではない。ようやく境地まで至るのならばその幸せを噛みしめればよいのだ。・・・なぜか穂村弘。

  • ひとつの終わり。
    ひとつの始まり。


    原作のEVEシリーズを知らないからよくわかりませんが…。

    この物語は、ほんのプロローグに過ぎない。

    といった感じの物語。
    クライマックスを迎える前に物語が終わってしまった感じがします。


    ここから始まる物語。
    …かな。

全2件中 1 - 2件を表示

桜庭一樹の作品

EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)の作品紹介

トリスタン号事件の悲しい結末。それから一週間後-、事件は解決したかのように思われたのだが…。探偵・天城小次郎のところに舞い込んだ一本の電話。その聞き覚えのある声の主は、意外にもエルディア王女・プリシアのものだった。彼女をふたたび襲う"テラー"の影。果たしてそのとき小次郎とまりなは、弥生や恭子は、そして眠りつづけるEVEは…!?小説版のみで展開される『EVE burst error PLUS』のその後を描いた完全オリジナルストーリー。

EVE burst error PLUS―サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする