エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)

  • 663人登録
  • 3.70評価
    • (75)
    • (63)
    • (160)
    • (2)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 森薫 村上リコ
  • エンターブレイン (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757716438

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『エマ』を読むにあたって知っていると便利な、使用人の役職や仕事・ロンドンの地図・様々な文化等、19世紀イギリスの人々の暮らしを解説した本。
    特別編の短編漫画もあります。

  • w

  • 『エマ』の副読本ですが、『ダウントンアビー』を観るのにも大変に参考になります。
    「あのシーンはそういう意味だったのか‼︎」と思う事間違いなし!

  • 竹本泉先生との会談も載っています

  • 原作のエマはすこししか読んだことがなかったけれど、まんがキッチンで紹介されているのを見て、思わず購入。エマも読んでみたくなりました。

  • アニメ化もされた森薫「エマ」の副読本。
    「エマ」はもともと好きで、全10巻持ってるわけですが、この副読本は持ってませんでした。
    最近になってヴィクトリア朝をモデルにした創作をしたくなって、手ごろな資料が無いかなーと思い、探してたわけですが、アマゾンでこの本を発見。評判もよく、資料としても最適なので取り寄せました。
    実際見てみたら、中身なかなか詳しく書かれていて・・・なかなか光の当たらない当時の中・下層階級の生活や、ヴィクトリア朝の全盛期になるまでの英国史・メイドの生活や服装などと、本当に興味深いもので。
    ついメイド服やドレスの可愛さで気がつかなかったのですが、階級を問わずまだまだ当時の女性には自由が無かったのですね。特に上・中流階級では、女性が働くなんてとんでもない時代だったということが分かりました。
    エマの世界では主に、ヴィクトリア朝の光の部分が出てくるわけですが、教科書に出てくるセポイの反乱やアヘン戦争、下層階級の貧しさなど、すっかり忘れていた暗い一面も書かれており、本当に1冊でいろいろなことが知れたなーと思います。
    値段よりお得な内容で、本当に勉強になりました。この本は3巻が出た時点で書かれたものらしく、先の展開を知ってる身としては、竹本泉さんとの対談を見てにまり、とさせられる一面もありましたー。

  • エマの時代設定がよくわかった。森先生にはこういう雑学本をもっと出して欲しいなあ

  • 俄然原作の漫画を読みたくなりました。

    この本は原作を知らなくても資料として楽しめましたが
    原作を知っていたら更に面白いと思います。

    この作家さんの絵の描き込みと綺麗さが好きです。

  • 漫画EMMAの副読本なのですが、ヴィクトリアンのあれこれを判りやすく説明してあって面白かったです。
    また読みたいです。

  • とりあえず特別編の最後の猫が可愛かったですw 主に「エマ」の作品についての説明です。お話がロンドンを中心に回っていることがよくわかります。英国・インドの略年表などもついており、歴史的背景なども詳しく載っていて勉強になると思います。

全50件中 1 - 10件を表示

森薫の作品

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)に関連する談話室の質問

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)に関連するまとめ

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エマヴィクトリアンガイド (Beam comix)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする