ファイナルファンタジーXI ~冒険者の休日~ (ファミ通文庫)

  • 37人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (2)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 金田 榮路 
  • エンターブレイン (2005年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757722071

ファイナルファンタジーXI ~冒険者の休日~ (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説版もプロマシア導入です。エンチャントアイテム(それもマンドラベルトやラビットベルト)や虚ろ、クリスタルラインの話まで出てきちゃったり。
    今回のメインはイーリスとシェラ。アルとジェドはほとんど出てきません。次に続く重要な役回りしてくれますがね。
    レイシャがかなりいいキャラに変化してきた感じです。ペタとチットは相変わらず。
    今回は、アルとイーリスの物語の方の話だから、ニムがゲストキャラってところですね。イーリスとニムが知り合いって設定も面白いですね。ま、両方ともでかい家の人だから知ってておかしくないわけだけども。
    面白かったです。エピローグのおかげで、次の物語がドキドキです。

  • ジェドがカッコよすぎる。「今は、おれがいない」とか最高。
    続きが気になってしかたない。

  • ジュノでの結婚式から始まるこの作品、最後の最後に意味深な終わり方・・・ 続きが気になります。

全3件中 1 - 3件を表示

はせがわみやびの作品

ファイナルファンタジーXI ~冒険者の休日~ (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファイナルファンタジーXI ~冒険者の休日~ (ファミ通文庫)の作品紹介

その日、アルとイーリスは知り合いの冒険者の結婚式に出席していた。仲間のシェラも一緒。だが、シェラの相棒のジェドは留守で、ペタは別の冒険へ。そこに、サンドリアの密偵であるレイシャが、大富豪の花嫁候補として誕生日パーティーに出席して欲しいと依頼してくるが…?ファミ通文庫だけのオリジナルストーリーが堪能できる『ファイナルファンタジー11』ノベライズシリーズ、久々にアルとイーリスの登場です。

ファイナルファンタジーXI ~冒険者の休日~ (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする