コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)

  • 419人登録
  • 3.86評価
    • (68)
    • (41)
    • (84)
    • (3)
    • (2)
  • 56レビュー
著者 : 山川直人
  • エンターブレイン (2005年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757723023

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語の中に必ずコーヒーが関わる。
    喫茶店もよく出てくる。
    ちょっぴり切なくも、懐かしく、可愛らしい物語がちりばめられている。
    雰囲気を楽しめる数少ないマンガのような気がする。

    マンガをたいして読まないけど、たまに読みたくなる作品です。

  • ほっこり。コーヒー。純喫茶。猫。

  • ※全5巻セット

  • 2015/4/12
    物件巡りの、お昼休憩に入ったタバコくさいどんぐりやという珈琲屋に置いてあって読んだマンガ。
    中々良かった。

  • ダ・ヴィンチ プラチナ本 2006年9月号

  • 旅行にいくと必ず、しらない喫茶店へいくことにしている。コーヒーが好きということよりも、コーヒーをつくっている人の姿、お店の雰囲気、かかっている音楽、年季の入ったテーブルと椅子なんかに興味がある。
    そのいろんな雰囲気を独特のタッチでかいた漫画があることを知って、随分前から読みたかった本。
    なんともほろ苦い話がつづくけれど、絵はかわいらしく、漫画だけど、切り絵みたいな、だけどゆらいだ輪郭が、美しくて、魅力的。
    短編なのでじんわりと、ちょっとした休憩に。

  • コーヒーを題材にメルヘン•シュールなショートストーリーを散りばめたホッとする作品。全5巻。

  • 喫茶店のマスターが「おもしろい」「わざわざヴィレッジヴァンガードまで買いに行く」と言っていたので、読んでみました。
    アダム&イブミートが衝撃的。

  • 月刊コミックビームに2004年~2009年まで掲載された短編漫画が収録されたコミック全5巻。
    携帯電話やPCなどが出てくるのに、何故か昭和時代を彷彿とさせられる。どこか懐かしく温かな、甘く切ない作品集。タイトル通り、コーヒーが各作品を通して、重要なアイテムとして用いられている。
    作者である山川直人氏の描く絵は、素朴でホノボノとしたタッチ。背景などは細部まで綿密に描かれている。
    美味しいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと何度も読み返したくなる漫画シリーズ。

    コミック各巻に挿まれているハガキ「読者アンケート」のイラストも、各巻ごとに異なるという気遣いは、嬉しい。

  • 3巻の方がこのみではある。

全56件中 1 - 10件を表示

山川直人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)に関連する談話室の質問

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする