いばらの王 (6) (ビームコミックス)

  • 545人登録
  • 3.57評価
    • (45)
    • (58)
    • (146)
    • (4)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 岩原裕二
  • エンターブレイン (2005年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757724785

いばらの王 (6) (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 2016年4月23日

    <King of Thorn.>
      
    装幀/米本恭己

  • 全体の感想。
    不治の病が蔓延した世界でランダムに選ばれた人間をコールドスリープ装置にいれて治療法の見つかる未来まで眠らせるという設定や未来に現れたドラゴンやらいばらはSFチックでわくわくした。
    情報が小出しになって徐々に真実に近づいていくことやシズクの秘密が明らかになっていくのはぐっとくる。
    ただ全体を通してキャラクターの動きに差がありすぎる。マルコが働きすぎ。言ってみればシズクとマルコだけで全ての話が成立しかねない、ひいては2巻くらいで終えることができるよねこれ、という感想がまず出てきてしまった。

  • カスミとマルコの絆(恋?)の過程の描写がもっとあればなーと思いつつも、結果ハッピーエンドでよかった。

    おじちゃんとティムとキャサリンがいて、少し和みました。

    マルコかっこいい。

  • 面白かった。この漫画がブック・オフで105円で買える事にびっくり。

  • 全巻読破しました。マルコが耳吹き飛ばすのが好きです。

  • スピーディーな展開で一気に読めました。
    劇場版もありますが、あちらはティムを始めとする登場人物の性格や展開が壊変されているので原作がオススメです。

  • ゼウスの計略によって倒れるマルコ。
    生き残ったメンバー達にも、ゼウス神属の魔の手が迫る。
    全ての中心にシズクがいると知ったカスミは、アリスに送り出され最後の決戦の場へ向かうが…。

    ギャー!マルコさーん!から始まり、ティムやロンさんも大ピンチ。
    シズクがまさかアレの中にいたなんて…というか、マルコさん復活から最後のネタばらしに至るまでの展開がすごい。
    主人公が双子である以上、入れ替えトリックはあるかな?とは思ったけど、えっと、つまりどういうこと?
    大まかには理解出来たけど、ちょっと細かいところがよく分からなかった。
    中心にいたのは、結局シズクではなくカスミだった、ということなんだろうか?
    そして最後。うん、投げたような気がしたのは気のせいだろうか?(笑)
    あくまでも古城脱出劇と銘打っていたので、脱出に成功した今ここで終わるのは分かるけど、結局病気の根本的解決には至ってないような…。
    最初の設定と広げ方が面白かっただけに、終わり方が少し残念に感じました。

  • 完結!

    伏線も回収されてて納得の終わり。

    とはいえ、終盤のアレな者たちはややぶっ飛んでるような展開にも思えた。
    リアリティに、突然ファンタジーをブチまけられたかのような気分。(そもそもイバラとモンスターで、既にファンタジーではあるけども)

    ファンタジーな環境でありながら、リアルな設定の緊迫感がかなり好みだったのだが。


    ともあれ。名作ではあったと思う。
    ちゃんと大オチもつけてあり、楽しませてもらった!

  • 面白かったけどちょっと急ぎすぎ?
    たまには王道ストーリーもいいよね。

  • おちは結構好きなタイプのやつ!ただ設定というか世界観がいまいち理解出来ないというか、ピンと来ない感じ。病気とか結局どうなったんだろう。真剣に読まなかったからかな…矛盾点がいくつかあるかも。

  • 本屋で映画の予告編を見て、その場で買って帰った。

    面白い。
    どなたかのブログで、映画を先に見たら原作が読みたくなって帰りに大人買いをして帰ったという記事を見たのだが、それには納得する。流れていた予告編だけで、原作を読んでみようという気になってしまったからだ。
    印象としては、ハリウッド映画の雰囲気があるなーという感じ。ヒロインが日本人女性なのが映画ではありえないけど、こういうストーリーのハリウッド映画があっても別に驚かない。でも、これが日本の漫画であり、アニメであるということは素晴らしい。

    いい漫画といいアニメをみられることは幸せだ。
    にっぽんばんざい! オタク大国万歳!(意味不明)

  •  世界中に蔓延する奇病・メドゥーサ。感染した人々は、治療法が見つかるまでコールドスリープについた。 だが、彼らがふたたび目覚めたとき、世界はモンスターが徘徊し、荒れ果てていた。 来月アニメ映画化。

     サクサク読める。王道を進む漫画、って感じ。オチの見開きページは、「え?主人公ワロスwww」て感じだけど。

  • オチry
    絵柄は好きです。

  • 1〜6一気に読んだ。
    どっかの帯に「ダークホラー」って書いてあって、怖いの苦手めだから読んでなかったんだ。
    奇病とサバイバルとミステリー?とファンタジー?と。
    おもしろかったです。

  • 思わぬ所に伏線が。

  • ラストは思ってた以上に痛かった。でもグロいはずなのにきれいに読めてしまう。

  • ついに出逢ったカスミとシズク。全員が捕縛され、崩壊する古城、絶望的な状況の中で明かされる最後の真実。いや、ほんとにハリウッド映画みたいな(笑)。作者も確信犯でやってるっぽいしね。

  • 全6巻。人間模様がとにかくすごい!驚きの展開に、最後まで一気に読ませてくれます。また、時間や経験で、人の心が打ち解けて行くという「変化」を描くのがとても巧い作家さんです。

  • 全部読んだ<br>良い絵でした!

  • 岩原裕二先生の描く、古城脱出活劇。
    謎の石化病メデューサに侵された登場人物達。
    石化を食い止める為冷凍睡眠するが、冷凍睡眠から覚めたときそこは無人の廃墟となり、未知の怪物たちの巣となっていた。
    襲い来る病魔と、怪物たちから必死に逃れようとするダークホラーです。
    映画のように話が進んで読みやすいです。

  • あっ、と思う前に終わってた。えっ、と言う間におまけページ。

  • 全6巻、展開が速くてあっと言う間に読める良作

  • うーん……また1巻から読み返すとするかな。2005-11-06読了。

全33件中 1 - 25件を表示

いばらの王 (6) (ビームコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いばらの王 (6) (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いばらの王 (6) (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする