鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)

  • 81人登録
  • 3.44評価
    • (5)
    • (7)
    • (21)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 舞阪洸
制作 : 伊藤 ベン 
  • エンターブレイン (2005年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757725102

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • 鋼鉄の白兎騎士団への入団試験がメインなので面白くなるのはこれからでしょう。若く純潔な女性しか守護しない女神のお陰で若く清純な女性が騎士として戦う世界だなんて、男に都合が良すぎるけしからん女神の存在に心から拍手を送りたい。
    ReaderStore一巻無料を利用

  • ガブリエラ戦記の前の話.
    本来こっちから読むべきだったよ.

    というわけでガブリエラが騎士団の入団試験を受ける話ですね.
    しかし3次試験受けるの面倒だし苦労しそうという理由で
    2次試験で定員になるまで他の参加者を倒すとか
    ハンター試験2回目のキルア君じゃないですかやだー.
    とっとと合格するために他の参加者を全員気絶させた….

    そんな感じで入団.
    続きは次巻で.

  • ガブリエラ(主人公)の知略がなかなか良い.

  • まじしゃんず・あかでみぃ内でネタに使われていたので、気になって探した。
    予想はしていたが、実物の表紙見てぶっ飛んだ。
    若く美しい少女好きな女神の加護を受ける美少女軍団"鋼鉄の白兎騎士団"の未来の団長ガブリエラ(プロローグでいきなり団長として、団員を困らしている)が、いかに奇想天外な策略で団長へ上り詰めていったのか、その成長記が本書だ。
    ずば抜けた洞察力と奇想天外なアイディアは、敵と同時にたいていの場合味方も混乱に陥れ、途方もない大勝利をもたらすガブリエラのデビュー戦は、入団試験だった。そこで、彼女は、これから苦楽を共にし、一生の友になるであろう仲間たちと出会い、入団試験を勝ち抜いていく。

全4件中 1 - 4件を表示

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする