メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム ~distance~ (ファミ通文庫)

  • 21人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (0)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 日暮茶坊
制作 : 輿水 隆之  相澤 こたろー (キッド)  橘 由宇 
  • エンターブレイン (2005年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757725577

メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム ~distance~ (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • サブキャラの一人にスポットを当てた物語。

    大きな事件が解決した後の話なのでどうしても平坦な展開になりがち。
    主人公とヒロインがあまり好きなキャラクターでなかったのも面白くなかった一因かも。
    映画をみんなで作っている姿は良かった。

全1件中 1 - 1件を表示

メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム ~distance~ (ファミ通文庫)の作品紹介

河合春人と仙堂麻尋との出会いから三ケ月。波乱を乗り越えて再び活動を再開したCUM研だったが、日名あすかは春人をあきらめることができず、時折寂しげな横顔を見せる。あすかに恋い焦がれる小津修司は、彼女に元気を取り戻してもらおうと、彼女を主演にした映画の制作を仲間たちに提案するが…。人気の恋愛アドベンチャー、メモリーズオフシリーズ最新作のノベライズ第二弾!修司の長年に渡る想いは、心を閉ざしたあすかに届くのか…。

メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム ~distance~ (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする