リセットな彼女 (ファミ通文庫)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : なもり 
  • エンターブレイン (2006年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757727175

リセットな彼女 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なもり先生の今ではみられない絵の雰囲気を見るために見る価値あり。帯見返しのなもり先生の紹介は重要。
    話の内容は超展開あり唐突な新キャラあり奇妙な言い回し有の凡百なラノベでした。

  • 可愛いお話だった。興奮すると記憶をリセットしてしまう彼女と、幼なじみの彼氏の学園ラブコメ。ヒロインのロミィがとても可愛い。こんな才色兼備な学園のヒロインが幼なじみにいて、告白なんてしてきたら、もう付き合うしかないでしょう!付き合い始めのカップルの初々しい感じがgood♪
    ライトノベルで原作つきは珍しい。

  • 「彼女は興奮すると直前の記憶が消えてしまう」という設定。キスをした後の興奮で記憶が消えてしまい、何度もファーストキスをせがむ彼女の言動に一喜一憂する主人公、という内容は良くて、中盤まで良い感じに進んだんだけれども、記憶が消える様になった理由が語られる後半が酷い……。なんだこれ?みたいな。

全4件中 1 - 4件を表示

高崎とおるの作品

リセットな彼女 (ファミ通文庫)の作品紹介

幼なじみのロミィに告白されて、つきあうことになった二ノ丸有都。才色兼備で明るく、ちょっぴり大胆な彼女には、興奮すると記憶が「リセット」されてしまうという重大な秘密があった!しかも本人はその事実を知らない。ロミィといろいろ経験したい有都だが、事あるたびに彼女が興奮して記憶を飛ばしてしまうので、二人の関係はいつもギクシャク。そんな二人が繰り広げる、甘酸っぱい青春ラブコメディ。

リセットな彼女 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする