“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

  • 3885人登録
  • 3.81評価
    • (531)
    • (497)
    • (688)
    • (66)
    • (17)
  • 520レビュー
著者 : 野村美月
制作 : 竹岡 美穂 
  • エンターブレイン (2006年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757728066

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマグチ ノボル
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ】
    天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって……。野村美月・新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ、シリーズ第1弾!

    【感想】
    文学少女というのはただ本好きの女の子のことかとおもったら、それが予想を遥かに裏切る女の子だったことが衝撃だった。そしてこのストーリーは、ちょっと重たいテーマだったけれど、ひとつひとつの内容や言葉が心に響いてきた。初めてラノベを読んだけれど、ラノベってもっとオタクっぽいものをイメージしていたから、これはすごくハマりそうだと思った。すごく面白くて一気読みしてしまった。次の巻も早く読みたい。

  • この本がきっかけでいろんな時代の本を読むようになって図書館をもっと好きになった思い出があるなぁ
    あと本を食べようとしたけど口の中でこちゃこちゃして断念した思い出

  • 昨日読了。
    以前から何度か面白かったと評判を聞いており、最近職場の若い方に改めて話を聞いたため今更ながら手に取った。

    先輩の食事については前情報を得ていたので、それほど違和感なく読めた。
    平凡を求める主人公の姿や主人公たちの過去を最後まで明かさないのは、この時代の若者を描いた作品の特徴なのか、まま目にする。

    本作が太宰をモチーフにしているからか、存外重めの雰囲気だった。
    人と違う自分、生きていることと死ぬことはどちらがつらいのか。
    テーマにする作品によって、雰囲気は変わるのだろうか。

    文学に対する熱は嫌いではない。
    今まで全く興味はなかったが、太宰が読んでみたくなった。

    ただ、先輩の交渉シーンは若干あからさまか。
    ツンデレクラスメートは今後さらに関わりがあるのか。
    先輩にも何か過去が?
    機会があったら続きを。

  • 本を食べたいくらい愛してる(文字通り)文学少女こと遠子先輩と、中学生時代に大ベストセラーを記録した小説家でありながら、とある事をきっかけに平凡で普通な生活に憧れる主人公。
    ひょんなことから一人の少女の恋愛を応援するハズが、恋慕の相手は存在しない人間で、そこから10年前の事件と太宰治の「人間失格」が絡んでいき…
    高校を舞台にした、思春期に揺れる文学ミステリー。

    ◆久々に読みたくて再読しました。やはり最後のどんでん返しが良いですね。
    改めてミステリーとして読むと、ちょっと情報が少ないかなと思いました。

    シリーズごとに各文学作品を題材とし、それになぞらえて登場人物の心情を描いている部分がこのシリーズの面白い所。
    毎回身を切る様な独白に、これは誰の心情なのかとすごく惹き付けられます。
    ライトノベルである為文体は軽快ですが、登場人物の描写は丁寧で、重く、深く訴えかけてきます。

    遠子先輩の文学レビューは食べ物に例えられていて独特で、読んだ後には色んな本が思わず食べたく…いや読みたくなってしまいます。

  • ワシはまだ、この物語を咀嚼できていないんじゃないか。この感想を書きながらも、まだそういう感覚に捕らわれています。過去の文学作品をモチーフに、現代の高校を舞台にした、ミステリー。好きな要素は揃っているのに、腑に落ちない。

    それはたぶん、読んでいくうちにちょっとずつ感じた不満の欠片が膿のように溜まっているのかもしれません。例えば、シリーズ前提だからとは思いますが、一巻だけでは分からない伏線が何回も明示されて食傷気味になってしまったり、挿入される「物語」がなんとなく抽象的に感じたり、キャラの性格にゆらぎを感じたり。

    一冊の本としたときの、ストーリーやキャラの芯になるもの、それがワシには薄くしか感じられなかった気がします。

    と、苦言っぽいことを書いてはいますが、謎の蓄積のさせ方、その引き方など、先を読みたくなる構成とかは魅力的です。また、主人公による文学作品の「味の解説」も面白い。真の意味での本のソムリエのような、知らない作品もつい手にとってみたくなります。

    その、魅力と危うさの線上に立っているように感じる本作。もう少し続刊を読んでみたいと思います。

  • もっと早く出会いたかった!早く出会って、一緒に完結まで追いかけたかった!
    遠子さんのお蔭で、読む本、読む物語が、どんな味をしているのか気になるようになりました。この本を食べたら、きっと甘くてほろ苦い、ケーキのオペラの様なエレガントな味がするんだろうなぁ。

  • ビブリア古書堂シリーズが最近人気ではありますが、ふと考え直してみると、これもジャンルとしては同傾向だったなと思いだし、再読してみました。
    文芸部に所属する井上心葉の視点で物語が進みますが、文体が非常に読みやすく、かつ心理描写が非常に柔らかく伝わりやすいのが特徴ですね。
    イメージしやすいです。
    この巻では太宰治の「人間失格」を主軸に物語が進みますが...内容は表紙の絵柄に反して、とってもへヴィ。
    まあ、このシリーズはだいたいへヴィな話なんですけどね。
    とっても惹きつけられます。

  • 太宰治『人間失格』をモティーフにそこに挟まっていた告白の手紙と登場人物の思春期の葛藤や心の傷がリンクする。
    物語の登場人物への共感は読書の醍醐味だが、本の中の死と現実の死を結び付けてはいけない。太宰治の作品には生きる希望をつたえるものもある。
    文面にも物語の明朝体と手紙のゴシック体の2つが、現実と心象、現在と過去を表現し、それが一連の流れとなって物語が進む。その表現が『はてしない物語』へのオマージュのようでもあった。
    “読み応え”があった。

  • 文学に関する雑学が気になって読んでみた。内容はまあまあというか、思ったより普通のサスペンスだった。とりあえずこの学園は屋上を厳重に封鎖した方が良いと思われる。すぐ誰かが落ちようとするので。
    愁二先輩が誰なのか探しているときは真相が気になったけど、後半は、うーん。簡単に人が死ぬのであんまり感情移入できなかった。ただ、周りの人が普通に考えたり感じたりすることに自分だけ共感できないというのは、こんな極端じゃないかもしれないけど、分からなくもない。
    遠子先輩が太宰について語っているとこは好き。でも紙を食べるなんてちょっと本がかわいそうかも。読んでいると本に触れたくなる本。(20110101)

  • 野村美月の『“文学少女”と死にたがりの道化』を読んだ。

    高校の文芸部の遠子先輩は本を食べる妖怪だ。
    今日も心葉は遠子にデザートを提供すべく、五十枚綴りの原稿用紙に筆を走らせている。
    ある日、一年生の女の子、千愛から恋を叶えるべくラブレターを代筆してくれと頼まれる。
    しかし、千愛の片思いの相手、片岡愁二はなぜか学校には存在しなかった・・・

    ミステリー風ではあるが、基本的にはラブコメに近いかな。
    遠子先輩の設定とかぶっ飛んでしまってるし。

    特徴的なのは全編を通して太宰治の『人間失格』をモチーフに話が進められていくことだろう。
    『人間失格』はあらすじこそ知っているが未読の作品で、事前に太宰作品を読んでからだとまた違った印象になるのかもしれないなと思った。

    モチーフが暗い作品なので、多少ダークな内容が綴られている。
    自殺の話がいくつも出てきて、そのたびになんともいえない気持ちになった。
    自殺って世間一般に思われているほど簡単な心情じゃないと思う。
    生きているのが異常に辛くて苦しくて地獄に叩き込まれたような感情を持っているんじゃないかな。
    周りから見てなんでそんなことでと思うようなことでも、本人にしてみれば圧倒的に絶望的な心境なんだろう。
    そこに救いの手を差し伸べてあげられるのは、叱咤でも激励でもなくて愛情なんだと思う。

    本作はコミカルな表現が多くて、最後まで陰湿感は薄い。
    軽く読めてしまう小説だ。
    ライトに語られた方が救われるってこともあるね。

  • とても綺麗な作品で「透明な硝子」を連想させる様な本です。読んだ後は心の中が澄んだような気持ちになります。

  • 二年前は女の子だった少年と、図書館で借りた「グレート・ギャツビー」を食べちゃった文学少女の文芸部
    依頼の内容は、ただの”シラノ・ベルジュラック”するだけだと思ったら。。。。。
    程よく、人間失格も混じっているミステリ

  • 【再読】

    かなり久しぶりに読んだので、ほぼ初読状態。
    ミステリぶぶんは若干物足りないし、登場人物達の心情がいまひとつ飲み込めなくて少しモヤモヤ。でも文学作品と話を重ねて展開させるという切り口は好き。「人間失格」は読んだことがないから、どこまで重なっているかは分からないけど、この本をきっかけに読んでみようかなと思えた。
    ちらっと出てきた同級生達は恐らく今後も出てくるんだろう、、でもこの1冊だけだとポジションが分かりづらい。心葉の過去もいろいろ匂わせるだけでハッキリさせず、シリーズを通して読むことを前提としている部分が結構あった。もう少し読み進めていって、シリーズ全体の魅力を見つけていきたい。

  • 久しぶりに再読したのですが、まさかの一度目を登録していませんでした。びっくり。何となく文学少女シリーズの表紙を眺めていたら、好きな作品なのに内容が思い出せず手に取りました。話中、様々な作家さんや作品の名前が出てきてわくわくします。遠子先輩の個性的な性格にくすりとくる場面が多いですが、今作は太宰の人間失格がテーマで、暗めの内容です。太宰の作品は読んだことがないので、読んでみたくなりました。あと、ポールギャリコも。ラノベを敬遠している方にも、ぜひ読んでみてもらいたいシリーズです。

  •  誰もが、つまり、性別や年齢を問わず、生きていく上で仮面をかぶり、「道化」を演じている。ただ各々の違いは、「道化」の度合い、程度の差があるだけにすぎない。
     本書の主人公や彼を取り巻く人々がかなり厚い仮面をかぶっている点は小説的ギミックではあろうが、本書は、誰もが抱えている人の病理を、太宰治作品に仮託しつつ抉っていく。
     文体は軽いが、かなり重い作品である。もっとも、謎解きとしては伏線の張り方に難があるので、本書をミステリー的な作品とみるのは、少ししんどいかも。
     むしろ、「道化」を演じる心層を味読したい作品。

  • ビブリア古書堂の事件手帳」を思わせたが、もっとライト。構成も推理も後になるほど無理が出ている。

  • 女性作者にしか書けないような作品。

    勿論、男性にも描ける人はいるけど、基本的には女性の方が上手いよね心情描写。

    ポエムっぽいのははじめっから斜め読みなんだけど、それが、ああ、こう効いてくるのね。ってのは面白い。

    あんまり書いてしまうと面白味を損ねてしまうから書けないけど、こうくるのか……。ってストーリーの重ね方が巧みだと感じられる。

    人間失格ってどんな話だったっけ?と考えさせられる一冊である。

  • 野村美月&竹岡美穂が2006年に発表した"文学少女"シリーズの第1巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に、実在の文学作品をベースに、その作品内容にそくした事件が起こる学園ものです。記念すべき1作目は、太宰治の"人間失格"でした。本作はミステリー的な要素も上手に混ぜられていてドキドキしながら読めます。太宰やその他の作品に言及しているシーンもあるし、これを機にベースとなった作品を読むのも面白いと思います。「食べちゃいたいくらい好き」という表現はありますが、実際に食べちゃう遠子先輩の本に対する愛が凄い。

  • ラノベだけど、すごく深い本だなと。
    ふと、孤独を感じたときに読みたくなる

  • 太宰治の「人間失格」をモチーフに,3つのシチュエーションをオーバーラップさせて,遠子先輩と心葉くんのスットコドッコイな会話で味付けしたもの.本を文字通り味わうという遠子先輩の文学作品批評が愉快だった.

  • 今更ながら、前々から読んでみたいと思っていて、やっとよむことができた。
    遠子先輩が可愛らしい。
    いくつか太宰の作品は読んできたが、もっとちゃんと読みたいと思った。

  • 最初のキャピキャピ感は抵抗があったが、なかなか良かった。しかし続けて読む気はしないかな。

  • 再読。やっぱり後半の、ポッと出の人物たちがわけもわからぬまま懺悔したり絶望したりする展開にはついていけなかったし、最後の手記もいまいちハマらない。でも千愛ちゃんは魅力的で、怒涛の太宰プッシュのシーンも好き。

  • 「どうかあたしの恋を叶えてください!」何故か文芸部に持ち込まれた依頼。それは単なる恋文の代筆のはずだったが……。
    人とはちょっと違う天野遠子先輩と平穏を愛する主人公、井上心葉の学園ミステリー小説です。
    それぞれの巻で一冊、文豪の作品を題材にしているので、文学少女を読み終わってから題材になっている作品を読んで、もう一度文学少女を読み直す。なんて読み方がお勧めです。(H・N)

全520件中 1 - 25件を表示

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)に関連する談話室の質問

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)に関連するまとめ

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)の作品紹介

「どうかあたしの恋を叶えてください!」何故か文芸部に持ち込まれた依頼。それは、単なる恋文の代筆のはずだったが…。物語を食べちゃうくらい深く愛している"文学少女"天野遠子と、平穏と平凡を愛する、今はただの男子高校生、井上心葉。ふたりの前に紡ぎ出されたのは、人間の心が分からない、孤独な"お化け"の嘆きと絶望の物語だった-。野村美月が贈る新味、口溶け軽めでちょっぴりビターな、ミステリアス学園コメディ、開幕。

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする