群青学舎 一巻 (ビームコミックス)

  • 2965人登録
  • 4.13評価
    • (694)
    • (302)
    • (471)
    • (10)
    • (2)
  • 321レビュー
著者 : 入江亜季
  • エンターブレイン (2006年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757729186

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 本当に素敵な作品だと思います。
    入江さんが描く人物は魅力的な人達だと思うのですが、特に、子供達が愛おしいです!連れて帰りたくなります!かわいいっ!!

    『異界の窓』 微笑ましい。自然と笑顔になってしまいました。


    『とりこの姫』 ベタな展開ですが、キュンキュンキュンです。キュンを求めている人におすすめしたいです。

  • 好きになる予感はしてた。やっぱり好きな感じだった。
    どの話も続きが読みたくなる。憎いなぁ。

  • ずっと読みたかった、入江さんの短編集。
    ばらばらのお話なのに、不思議につながっている。
    昭和な雰囲気を漂わせるノスタルジックな絵だけど、絵だけで読ませる、すごい作家さんだと思う。

    お話をひとつ選ぼうと思ったけど全部好きだわ~。

    乱と灰色の4巻も発売されましたね!
    楽しみでーす。

  • ほんとうに大好き。絵を見ているだけで幸せになる。瞳はくりっとしていて力強くきらめいて、流れる髪の描き方も好き。短編ひとつひとつが宝箱みたいにキラキラしていてときめく。要するに全てがツボ。何気なく手にとり初めて読んだときの衝撃は忘れられない。

  • 「漫画」の上手い人だと、一読して感じさせる作品だった。話も人物も台詞も絵も画面もけして華やかではないし、独特というほどのものではないのだけれど、緩急のつけ方、というか、極めて欲しい場面で極めるのは勿論、不意打ち、眼前に迫っていた顔を避ける事が難しいように、いきなり間を詰めてくるその駆け引きが上手くて、惹き込まれる。はっとさせられる表情を描けてしまう方だから、それは一層強い引力になる。丁寧に作品を作っているなと作者の真摯な姿勢が伝わってくる佳作。

  • 色々なタイプの漫画が一度に楽しめる。
    個人的に二話と最後の喫茶店の話がツボ。良作!

  •  最近書評や本屋で目につくので今日買ってみました。はずしたらヤなのでとりあえず一巻だけにしたのですが、まとめて4巻まで買えばよかったと後悔しました。帯に期待の新鋭とあったのですが、絵柄はなんだか80年代調?でやや古めかしく感じます。たぶん絵もお話も私には萩尾望都をホウフツとさせるものがあるからだと思います。1巻の中では「白い火」がよかったです。明日続刊を読めると思うとうれしいです。

  • 『花と騎士』みたいな中世ヨーロッパの話が好き。
    しかもまさかのオチ。

    『ピンク・チョコレート』は男のロマン。
    現代の話は少々生々しさが強かったかな。

    『森へ』はカムイ外伝が始まるかと思った。
    背景の描き込みの細かさと多さが素晴らしい。

  • テイスト様々でどれも面白い。骨の髄まで少女漫画好きなので「ピンクチョコレート」とかとても好き。

  • 全4巻読了。手塚×萩尾÷80年代生まれ(かどうか知らないけど)にベルバラのキラキラをトッピング、みたいな絵柄が美しくずっと眺めていられる。「異界の窓」キツネ系ファンタジー、「とりこの姫」もどかしい系恋心、「先生、僕は」小学生の男の子系コメディ、「花と騎士」5人の姫系ミステリ、「ピンク・チョコレート」研究者系恋愛、「森へ」おばぁちゃん系ファンタジー、「白い火(前中後)」優等生×非優等生系恋愛、「アルベルティーナ」まさかね系ロマンス in カフェ。

  • 短編集第1巻、第1〜10話収録。
    入江さんといえばこの作品と『乱と灰色の世界』を連想。主催の漫画オフ会で本作を紹介されたことをきっかけに購読。うーん、絵は上手いんだが、やっぱりビームコミックスの作家陣の絵柄は苦手。また、恋愛から摩訶不思議な話までと、バラエティに富んでいる作品だが、どれもイマイチ満足感がない。おそらく、どれも別の漫画家の作品で読んだことのありそうな設定だからかな。好きな作品を選ぶとしたら6話「森」。台詞は最後のコマだけという表現は好きだが、どうせなら台詞以外も文字なしにして欲しかった。

  • こういうの良いわ!!とても雰囲気が好み。短編集だけど、どれも魅力的な話。恋愛っていいなあ〜

  • 久しぶりに読んだ。
    続刊でどんどん美人になる「ピンク・チョコレート」の三也子がまだやぼったい研究者然としてて懐かしさを感じる。
    女性の、特に目の表情がみんな魅力的。

  • どれもこれも雰囲気のある作品。
    この作者さんが好きなら好きだと思う。
    三兄弟のお話がかわいい。

  • 短編それぞれに世界観があり、そこから貰える人のぬくもりが大好きです。

  • 「森へ」
    擬音・擬態語が多すぎるだろ。うるさすぎ。

    「白い火」
    この手の人が、この話を書くと、こんなことになる、という…。
    終わりよければ全てよし、じゃあないだろ。

  • すばらしい。一話一話どれを読んでもウキウキする。1番好きなのは「白い火」。漣子がツンからデレになったときのかわいさったらない。

  • 入江さんの短編集。
    みんな素敵な話で、短編なのがもったいない!!

  • 4巻まで読破。やっぱりおもしろい!全部すき。

  •  女も男も線がエロい。
     これは短編連作だけど、長い作品も読みたいなー。

  • 作者の描くキャラは妖艶さ漂う魅力的な人ばかりで素敵。白い火の話が好きです。

  • きらきら輝く短編集。
    この1つの話だけでも漫画一冊できちゃ うんじゃないの!?というくらい濃密で美しい画面がとっても魅力的。
    入江先生のぎっしり詰まった背景凄く好き。

  • 入江さんの独特の世界観がだいすき!

  • 漣子が綺麗で、綺麗で

  • 本屋でなんとなく手に取った入江先生の漫画。

    もうすべてに惚れました!

    絵もお話も大すきです。

全321件中 1 - 25件を表示

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)に関連するまとめ

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする