金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)

  • 84人登録
  • 3.32評価
    • (6)
    • (13)
    • (27)
    • (6)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 剛しいら
制作 : 佐倉 汐 
  • エンターブレイン (2006年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757730144

金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 亡国の双子、兄は行方不明となり、妹は男の為りをして隣国に紛れ込む…という、なかなか興味のそそられるあらすじなのですが、作者が普段はBL作家というせいでしょうか、いたる部分にBL臭が漂っています。双子の妹姫は、気が強い世間知らずの姫と言うよりは、現実を見ようとしない少年という雰囲気。そのせいか、あまり女の子という感じがないので正直主人公に共感できる要素がない。隣国の王は若いながらも聡明だという事ですが、主人公に関してはただの嫉妬深い男という感じで、賢さどころか王としてもどうなのかという言動が目立ちます。
    普通のファンタジーとして読みたいのだけれど、そこはかとなくBL臭があるのが気になるところ。

    タイトルが「金の王子と~」となっているのに早々にアレンは離脱してしまった感じなのだけれど、そこはシーナが男装している部分を指して王子と言っているのだろうか……?

  • これも携帯向電子書籍サイト「どこでも読書」で10/27まで無料配信中。タダで読ませてもらった分、感想書いて宣伝するよ。でもこれ1巻がオチがつかなかった……

    ビーズログ文庫が好きな設定なのか最近の流行だからなのか、昨日レビューした「恋する王子と受難の姫君」(別作者)と同じくトランスジェンダーもの。ヒロインに寄生した神(と呼ばれる宇宙生物)の箇所だけSF入ってるんだけど、異世界トリップものと同じく中世風の世界で科学知識チートで活躍する流れ。神の力で早食い競争に優勝するとかは可愛い。ユキヒョウ(と思われる)になつかれるとかうらやましい。

    ヒロインが自分の境遇よりもヒーローに気がいっちゃうとかは「もっと真剣になれよ!」と思ったり。悪役がひどくて続き読むと更にムカつくかもしれないので、シリーズ続き読むかは考え中。

  • 幸せな生活を送っていたウラルの双子の兄妹が、隣国のハッシュウィルのの襲撃から逃げる途中で離ればなれ。女の子一人では逃げるのもどうかと思ったら、ウラルの神様が目覚めて、一緒に隣国ゴシュラムに。

    この神様、本当は宇宙人っていう設定にまず驚きました。彼がいろいろな知識をちょっとずつ提供して人が繁栄していってたっていうと、神話の話も納得ですが、それだと彼がいると多少の無理も通ってしまって、ちょっと無茶苦茶かなあって思いました。

    神様ウラルが取り憑くことでシーナは兄のアレンにそっくりになり、身体も男になって、ゴシュラムの王ゴートに取り入ることができましたけど、シーナの言動が怪しすぎます。

    谷から落ちて幼児に戻ってしまったアレンの状況はなんともいえませんが、シーナに共感もできず、ちょっと微妙な始まりです。早めにシーナが女というのがゴート王にばれた方が楽しいかなって思いました。

  • 戦争と恋と王宮ロマン。
    世界観もリアリティもキャラクターも大変わたくし好みで、楽しく読むことができました。
    序盤の展開早いな! と思ったけど、後半、ウラルが対ハッシュウィルの作戦について語るシーンなんてわくわくしながら読んでしまいました。
    祖国復興と恋に揺れるシーナもかわいい。
    あとウラルかわいい。シーナが唄うシーンでしょんぼりするのがとてもかわいい。
    女の子としてのシーナ、姫としてのシーナ、王国復興を使命とする王族としてのシーナ、そしてゴート王の騎士としてのシーナ、どのシーナもかわいかったです。

    こういう王宮と戦争が交差するようなお話が書きたい。

  • 「神の眠る国の物語シリーズ」
    王道ヒロイックファンタジー。
    こういうファンタジーものが好きな女性が、喜びそうな内容が満載です。
    ヒロインが恋に落ちる王様が、あまりキュンッとこなかったですけど・・

    確かに甘めの恋愛要素もあるんですが、基本は王宮ロマン。
    別の星からやってきた生命体が神となって、活躍するという設定もなかなか楽しい。

    そして、番外編でもある「黒の騎士と赤の淑女」が、このシリーズのなかでも特に面白かった。

    ラストまで、飽きることなく楽しく読むことができます

  • まだ序盤だからかな。
    これ一冊だけ読むと何だか内容が薄っぺらく感じてしまった。
    (08.07.18)

  • ミトリ愛。

  • ウラル国は大国ハッシュウィルに攻め滅ぼされた。王家の生き残りは双子の金の髪を持つ美しい兄妹だけ。兄王子は脳を痛めてこん睡状態の中、妹姫はウラル神の力を借りて隣国に助けを求める。戦争の中、友情や恋に悩み、自国の運命のために自分を犠牲にして戦うシーナの姿は輝いて見えます。“神”という不思議な存在を通して様々なことを教えてくれる作品です。

  • 最初、オーソドックスなヒロイック・ファンタジーなのかな?と思って読んでたんですが、なんか違うような・・・。神様であるウラルが、別の星からやってきたという設定にSFなのか?とちょっと驚きましたが、その設定が面白いな、と思いました。

  • ほころびが少しばかり〜…って、続くんですか。うぬぬぬ。

全12件中 1 - 10件を表示

剛しいらの作品

金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

金の王子と金の姫 ~神の眠る国の物語~ (B's-LOG文庫)のKindle版

ツイートする