狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)

  • 285人登録
  • 3.50評価
    • (22)
    • (14)
    • (75)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 日日日
制作 : x6suke 
  • エンターブレイン (2006年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757730328

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 狂乱家族日記の番外編。短編が四つ入っているのですが、中でも比較的よく出てくる桜井ちえりさんが初登場した「旅行も呪いも〜」と、本編でちらちら出てくるムジャッキーが初登場した「無邪気海賊〜」がお勧めです。特に桜井さんは狂乱では珍しい「フツウのヒト」なんですが、その普通さゆえの巻き込まれっぷりが愛しい。

  • 発売順に読んでいます。
    「番外そのいち」
    旅行代理店の話は、TVに使われたようですが若干設定が変わってましたね。
    黒サンタは、まぁその後めでたしめでたしだったんでしょう。
    猫のお話。ちょこっと家族になる前の凶華、銀夏登場。
    海賊の話はなかなかおもしろかったですね。
    最後にグレちゃいましたけど。

  • ムジャッキーかわいいよムジャッキー

  • 世間を騒がせ狂乱させることを、至上の極楽と言って憚からない我が家のネコミミは、目を離すとすぐに暴走してとどまるところを知りません。うちは家族だけでも大変なのに、お願いですから普通の人を巻き込んでこれ以上僕に頭痛の種を増やさないでほしいものです。そんなわけで、街中で神だと宣う人外ネコミミを見かけても、けっして関わらないように! でないと、次の「番外」の犠牲者はあなたになるかも―。人気シリーズ待望の“番外”スタート。

  • ういういしい作品とかあってちょっと安心した。
    日日日さんはものすごいスピードで書いてる気がするのは私だけかしらw

  • ムジャッキーのオチが何か後味悪くて嫌。
    ミルカトピの話は、ミルカトピ好きの私にとっては、かなり良かった。

  • 世間を騒がせ狂乱させることを、至上の極楽と言って憚からない我が家の
    ネコミミは、目を離すとすぐに暴走してとどまるところを知りません。うちは
    家族だけでも大変なのに、お願いですから普通の人を巻き込んでこれ以上
    僕に頭痛の種を増やさないでほしいものです。そんなわけで、街中で神だと
    宣う人外ネコミミを見かけても、けっして関わらないように!でないと、次の
    「番外」の犠牲者はあなたになるかも―。人気シリーズ待望の“番外”スタート。

  • 2007.1.12

  • あんまり凶華さんが出てこなかったですねぇ。でも面白かったです。本編よりは面白さが少ないですが。「猫」のお話は好きです。

全10件中 1 - 10件を表示

日日日の作品

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)の作品紹介

世間を騒がせ狂乱させることを、至上の極楽と言って憚からない我が家のネコミミは、目を離すとすぐに暴走してとどまるところを知りません。うちは家族だけでも大変なのに、お願いですから普通の人を巻き込んでこれ以上僕に頭痛の種を増やさないでほしいものです。そんなわけで、街中で神だと宣う人外ネコミミを見かけても、けっして関わらないように!でないと、次の「番外」の犠牲者はあなたになるかも-。人気シリーズ待望の"番外"スタート。

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする