大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>

  • 47人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 夢枕獏
制作 : 天野 喜孝 
  • エンターブレイン (2007年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757734104

大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次々。次じゃないとわからん。

  • 宮本武蔵と柳生十兵衛が出会ったり、記憶があやふやだった佐々木小次郎が武蔵を敵と認識したり…この先どうなるのか波乱の予想しか出来ません。
    更には魔王の力を手にしつつある天草四郎に伊賀者、甲賀者に宇宙人まで。
    この登場人物で話をどう進めてどう纏めるのか、楽しみです。

  • この時代のスター達が、どんどん出てくる。ちゃんと収集がつくのか不安になってくるが、だが面白い!

  • 2002年刊行『大帝の剣 2 天魔の章 神魔咆哮編 凶魔襲来編』の愛蔵版。大剣を背負った巨漢の主人公、万源九郎〔よろず・げんくろう〕を中心とした時代活劇&SF作品。大阪夏の陣や島原の乱を経て、太平の世を迎えつつある江戸時代初期が舞台となる。
    いよいよ登場人物がほぼ出そろい、物語も動き出した。主人公を取り巻く人物模様も百花繚乱。宮本武蔵、佐々木小次郎、柳生十兵衛などの剣豪たち、甲賀や伊賀の忍たち、益田時貞こと天草四郎、その他大勢のサブキャラ、そして正体がおぼろげながら見えてきた宇宙人たち・・・。
    第1巻にも増して「何でもあり」。ほとんど「調子に乗っている」とか「悪のり」とか形容できそうな感すらある。いったいどのように収集をつけるのかが見物だ。

  • 図書館から借りて読了。
    時間がなくてバタバタと読んでしまいました。
    うーん、じっくり読めなかったのが残念!
    異形の鬼が出てきたり佐々木小次郎が復活したりもう何でもアリだよ!
    でもそこが面白い。それが面白い!
    夢枕獏さんはこれをどう完結に導くのでしょうか?ワクワク。

全6件中 1 - 6件を表示

夢枕獏の作品

大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>を本棚に「積読」で登録しているひと

大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>はこんな本です

ツイートする