鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)

  • 53人登録
  • 3.26評価
    • (1)
    • (5)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 舞阪洸
制作 : 伊藤 ベン 
  • エンターブレイン (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757734210

鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セビリ=アンテ都市同盟の内紛(大いなる物乞いの旅)編 (前編)

  • 駄作
    誰でも彼でも、どんな状況だろうとところ構わず、吹き出す、仰け反る、ひっくり返る。どたばたコメディというならそれでもいいが、それにしてはしでかすアクションが極めて単調。
    前巻まではまだ物語の世界が狭かったせいもあり、まだ良かったものの、これが続くようなら。。。

全2件中 1 - 2件を表示

舞阪洸の作品

鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)の作品紹介

騎士団内紛をギリギリのところで収めたガブリエラたち。だがその代償は大きく、団長をはじめ団員の半数を失い-そして何より金庫が空っぽに!事態を憂慮した団長代理の命により、寄付金集めに諸国行脚をするはめになってしまった「雛小隊」改め「遊撃小隊」の面々だったが…。途中立ち寄ったセビリ=アンテ都市同盟の保養地で、一国の-ひいては白兎騎士団の命運をも左右する陰謀に巻き込まれ…!?美麗・絢爛最強乙女戦記、待望の第4巻。

鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)はこんな本です

鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)〈4〉 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする