ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)

  • 61人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (6)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 葉山透
制作 : 増田 メグミ 
  • エンターブレイン (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757735576

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうしようもない自分と毎日をやり過ごすことに
    疲れたら読んでみるといいんじゃないかな、と。
    大人のお話です。

  • 表紙と内容に差異があります。
    表紙を見て想像した事と異なりますのでご注意を。
    しかし、ヒロインの相手が一途で健気で、文章も読みやすくて良いですよ。

  • ヒロインは娼婦。
    下町の情景描写が美しい。心情描写も秀逸。バランスもよい。
    個人的には凄く好きだ。少女向けラノベの中で一番好きかも。ただハッピーエンドにしたのは微妙か……?
    ラノベ人口にはうけないだろうなぁ。レーベルを変えるべきかと。

全4件中 1 - 4件を表示

葉山透の作品

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)に関連するまとめ

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)の作品紹介

港町ファルティマに住むカレンの横にはいつも二人の男性がそばにいた。一人は夜の世界をカレンと共に生きている親友のルーイ。もう一人はカレンを一途に想う青年フィル。それは日だまりように居心地よい日々だった。だが、流れ者のキースとの出会いが、彼女の心を大きく変えていく。そして、マレネの祭りが迫ったとき、カレンはフィルにダンスパートナーを申し込まれるが-揺れ動くカレンの選択は?気鋭作家葉山透が贈る恋物語、ここに開幕。

ファルティマの夜想曲(ノクターン)―恋するカレン (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする